新着記事

みなさまには「相方」はいますか? 普段私たち放送局担当の記者は、各局2人組み体制で、各担当局にお邪魔させていただき、仕事をしているわけなのですが、社内の誰よりも一緒に行動をしているので、それはそれは嫌な部分が見えてしまうときもあるわけです。

もっと見る

湾岸スタジオでスタッフが撮影場所を探していると「スタジオの外に出てみよう!」と翔平くんが案内してくれました。「ピリピリした緊張感が続いて息抜きしたくなった時は、外に出ることもあるんだよね」と。翔平くんの知られざるリラックススポットのようです。

もっと見る

D☆DATEのメンバーが、デートプランを妄想! 今回のD☆DATE PRESSでは、「誕生日を迎える彼女を祝う」という設定でバースデーデートのプランを考えてもらいました。いったいどこへ一緒に行き、どのタイミングでどんなプレゼントを渡すのでしょうか?

もっと見る

TVガイド特選街

コラム

半世紀以上にわたってエンタメ界の第一線で活躍する倉本聰が、毎月各界の著名人を迎え、その原点を聞く。’12年4月の養老孟司に始まり、秋元康、山田洋次、久米宏ら、この聞き手だからこそ実現したであろう、大御所のゲストが話題に(山田太一の回は伝説!)。

もっと見る

2月6日にスタートするテレビ朝日系の連続ドラマ「セカンド・ラブ」(金曜午後11:15、時間の異なる地域あり)の制作発表が行われ、主演を務めるKAT‐TUNの亀梨和也とヒロインの深田恭子が登壇。ダンサーを演じ、劇中で裸体を惜しげもなく披露する亀梨は「ジャニーズのセックスシンボルになりたい」とぶち上げた。

もっと見る

嵐の相葉雅紀が、4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「ようこそ、わが家へ」(月曜午後9:00)に主演することが決まった。連続ドラマが高視聴率を記録した「半沢直樹」の作家・池井戸潤氏が手掛け、累計発行部数50万部を突破している小説が原作。ストーカーの恐怖と企業の謀略に立ち向かう家族の姿を描く。

もっと見る

CBC・TBSほかで放送されていたバラエティー番組「鶴瓶のスジナシ」が、3月2~4日に東京・赤坂BLITZで行われる舞台「スジナシ BLITZシアター Supported by TOYOTOWN ICE GARDEN」として復活する。落語家・タレントの笑福亭鶴瓶とゲストが、ぶっつけ本番・台本なしで即興ドラマを演じる内容で、3月2日は俳優の佐藤浩市、3日は女優の大島優子、4日はタレントのマツコ・デラックスが出演する。制作発表会見に出席した鶴瓶は「役に成り切りながらのフリートークがやりたかった。本人に私生活を聞かなくても思わず出てしまうからね」と見どころをアピールした。

もっと見る

TwellVでは、2月15日にテレビとインターネットで同時放送するバラエティー特番「原宿プラネット」(午後4:00)を放送する。このほど、東京・原宿観光案内所「もしもしボックス」で番組発表記者会見が行われ、人気モデルのニーコ、やのあんな、中田クルミ、古閑れん、柴田ひかりが出席した。

もっと見る

そろそろネタがなくなってきたので、町中をブラブラする第2回。前回は市場をピックアップしたので、今回はリゾート地として名だたる海辺をブラブラしようと思います。ダナンの名所としてまず特筆すべきなのがリゾート地です。かつて「世界の海十選」になったこともある綺麗な海に沿って、ハイアットやフラマリゾートなど屈指のリゾートホテルがずらりと並んでおります。

もっと見る

「もうあっという間に2月ですね」「早いですねー」という当たり障りの無い会話が、日本全国で発生する(?)2月の初め。今年の4月で入社9年目を迎える記者ですが、確かに社会人になってから時間の過ぎ行くスピードが年々速くなっていると感じています。恥ずかしながら、新入社員の頃に抱いた真っ直ぐな気持ちは消えつつあるといった現状…。

もっと見る

TBS系連続ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(金曜午後10:00)では、2月6日放送の第4話から女優の武田久美子が出演する。物語の鍵を握る情報を持つ暴力団の会長夫人・我孫子桐乃を演じる武田は、このドラマで23年ぶりに女優復帰し、約20年ぶりに着物姿も披露し、「20年以上ぶりにしては、まあまあやれたかな」と手応えを明かしている。

もっと見る

長谷川俊輔&佐藤大樹の歌ネタコンビ。 音楽にも造詣の深い長谷川が、そのコワモテなルックスとは真逆の透き通った美声で歌い上げる「あったかいんだからぁ♪」のフレーズで人気急上昇中。2/4(水)にはCDデビューも決定している。ワタナベエンターテインメント所属。

もっと見る

NHK福岡放送局は'14年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の総集編を、'15年2月14日の午後4:05~と15日午後4:05~に、九州沖縄ブロックの総合テレビで再放送すると発表。物語後半の舞台となった北部九州地区の視聴率は他地域を大きく上回り、放送終了後も寄せられる多数の要望に応えた形だ。

もっと見る

PAGE TOP