News ニュース

Aぇ! groupの 正門良規が「DIVER-特殊潜入班-」にレギュラー出演!「マネジャーから“やせて”って言われて…(笑)」2020/08/26

 関西ジャニーズJr.・Aぇ! groupの正門良規が、9月22日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)にレギュラー出演する。

 同作は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だった、福士蒼汰演じる黒沢兵悟が、その異常なIQ・判断力・身体能力を認められ、「潜入捜査チーム(通称D班)」の一員となって、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や証拠をつかみとる「潜入捜査」チームの活躍を描くもの。D班はりょうが演じる兵庫県警本部長・阿久津洋子が結成した秘密組織。そんなD班の班長である安藤政信演じる伊達直哉が所属する兵庫県警組織犯罪対策課の若手刑事・上島哲也を正門が演じる。

 ある日、突然マネジャーから「やせてほしい」と連絡があったという正門は、「そんなに太ったかな!?と思って頑張ってダイエットしました。すると後日、『DIVERに出演が決まりました!』と言われて、『だからか!』と分かったんです」とサプライズで出演決定を聞かされたそう。

 「驚きと、うれしさと、いろんな気持ちがありました」と話す正門だが、刑事役として事件に向かうシーンが多く、現場では緊迫したムード。撮影初日も犯罪組織の家宅捜索に踏み込むシーンの撮影からスタートしたそうで「いきなり事件に立ち向かう警察官の演技をするのは、すごくドキドキしました。『少年たち』という舞台で、僕は囚人役をやっていたんですが、取り押さえる看守役の人たちの仕草を見ていたので、今回のドラマに少しは生かせたかなと思います。捕まえられる側から捕まえる側になりました(笑)」と経験が活きた。

 同作は兵庫県神戸市が舞台で、神戸市内をはじめ関西での撮影が続く。大阪出身の正門は「関西から全国を盛り上げていきたいと思っているので、関西を拠点に撮影している全国ネットドラマに携われることがとてもうれしいです。“あ、あの場所や!”って思いながら撮影現場に向かっています」と撮影を楽しんでいる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.