Feature 特集

西島秀俊主演「シェフは名探偵」第3話—— こんな三舟シェフは初めて!? 一目ぼれの恋の行方は…2021/06/21

 西島秀俊さん演じるシェフの三舟忍が、いろんな絶品料理をヒントに、鋭い洞察力からさまざまな謎を解いていく「シェフは名探偵」(テレビ東京系)。作中に出てくるおいしそうなフランス料理の数々はもちろん、三舟とギャルソンの高築智行(濱田岳)、副料理長の志村洋二(神尾佑)、ソムリエの金子ゆき(石井杏奈)らレストランの従業員たちとの思わず笑ってしまう掛け合いに、彼らがいる「ビストロ・パ・マル」に行きたくなってしまう方も多いのではないでしょうか?

 6月21日放送の第3話では、なんと三舟シェフがまさかの一目ぼれ!? さらに、志村が妻の麻美(シルビア・グラブ)とケンカ? 展開が気になる第3話ですが、完成版を一足早く視聴させていただいた記者が、その見どころをお伝えします!

①三舟シェフが一目ぼれで挙動不審に!? 気になる相手とは…

 今まで素晴らしい料理を提供し、冷静に謎を解決してきた三舟シェフ。ですが、今回は、調理器具を落としたり、料理を焦がしてしまったりと仕事が手に付かない珍しい姿のみならず、高築から「気味が悪い」と言われるほどの笑顔も披露します(笑)。それはなぜかというと…女性客の新城鈴加(映美くらら)にまさかの一目ぼれ!? 来店時に必ずブイヤベースを注文する彼女を、“マドモワゼル・ブイヤベース”と呼んでいた高築ですが、ある日、彼女が2名で予約してきたことに気付きます。案の定、鈴加は恋人と思われる男性と店に現れますが、そこには何やら秘密があるようで…? 三舟のことを心配した高築と志村のドタバタ劇や、鈴加の正体、そして今回しか見ることのできない挙動不審(?)な三舟シェフの恋の行方と見どころ満載なので、あわせてご注目ください! 

②強面な志村が、妻と迫力の大ゲンカ!? 意外ななれ初めエピソードも

 第3話では、三舟シェフだけでなく、志村の恋愛話も。実は、志村の妻・麻美はシャンソン歌手で、三舟がお店でライブをしてほしいと依頼するのですが、志村は恥ずかしいと断固拒否。なんとか麻美のライブは無事行われ、終了後に三舟が用意していたガレット・デ・ロワ(アーモンドクリームのパイ)をみんなで食べることに。そこで麻美が、過去に語学留学していた頃、現地で知り合った志村が焼いた“不格好なガレット・デ・ロワ”によって起きた不可解な事件のことを話し出します。すると志村は不機嫌になり、なんと家出する事態に!? このエピソードでは、とにかく志村と麻美のケンカがとても迫力があり、でも笑えるポイントもあって見応えがありました(笑)。さらに、今までは志村だけの“アイーン”でしたが、夫婦での“アイーン”も見られます!(笑)。果たして、志村夫婦の過去の謎を、三舟シェフは解決できるのでしょうか? そして、2人は無事仲直りできるのか!?  驚きの結末で志村の意外な一面も垣間見えるので、お見逃しなく!  

③高築もびっくり!! まさかのオーナーの正体は、あの人だった!?

 今まで店のオーナーの存在だけが明かされていませんでしたが、ついに第3話では本人が登場! ですが、その正体は、高築が驚愕(きょうがく)する、まさかのあの人だったのです。果たして誰だったのか、ご期待ください。ほかにも、金子のおなじみの俳句や、志村の力強い「スーシェフの名にかけて!」のセリフなど、笑える小ネタがたくさんあるので細部まで目が離せません。ちなみに、個人的には高築が最後にガレット・デ・ロワを食べる時に見せた笑顔が最高にかわいくて癒やされました(笑)。

 以上、さまざまな見どころをお伝えした第3話。恋心が絡んだ切ない謎解きをする三舟シェフをはじめ、「ビストロ・パ・マル」の従業員たちの新たな一面が垣間見える回になっているので、ぜひ見て癒やされてくださいね。

【番組情報】

「シェフは名探偵」 
テレビ東京系 
月曜 午後11:06~11:55 

テレビ東京担当 Y・O 

関連記事

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.