Feature 特集

「ドラゴン桜」のヤンキー役・西山潤&西垣匠がついに東大専科に仲間入り! 気になる2人の心境は…西垣「心底驚いてしまって…(笑)」<インタビュー後編>2021/06/21

 日曜午後9時から放送中の日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)。かつて、落ちこぼれだった龍山高校から東京大学合格者を輩出し、一躍時の人となった元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)が、今度は彼の元教え子であり法律事務所で一緒に働く弁護士の水野直美(長澤まさみ)と共に、偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園で再び学園再建を目指します。

 注目を集める東大専科の生徒には、姉と2人で両親が残したラーメン店を手伝う瀬戸輝(髙橋海人)、何をやっても長続きしない今どき女子高校生の早瀬菜緒(南沙良)、バドミントンのトップ選手の岩崎楓(平手友梨奈)など、それぞれの悩みや問題を抱えた龍海の生徒たちが登場。桜木と水野と出会ったことで彼らの運命は大きく動き出し、ついに物語は最終章へ…。

 今回は、小橋役の西山潤さん、岩井役の西垣匠さんのインタビュー後編をお届け。前編(https://www.tvguide.or.jp/feature/feature-910530/)では、今作に出演後の反響や2人の息の合ったお芝居について語っていただきましたが、後編では、ついに東大専科に来年度の合格を目指す練習生として仲間入りした心境や、東大専科のメンバーとの撮影の様子を語っていただきました。

2人の東大専科加入に祝福の声殺到! 果たして2人の心境は? 

――第9話からついに東大専科に加入になりましたね! もしかしたら…とは思っていたので、一視聴者としてとてもうれしくなりました! 話数を重ねるごとに出番も増えてきていたと思うのですが、ご自身で手応えなどは感じていましたか?

西山 「第1話で反響をいただいた後から、スタッフの方々に『このシーン出るからね!』って言っていただくことが増えて、なんやかんやずっと出させていただいていたんですよね。東大専科を支える人物として出させていただくこともうれしかったのですが、最後の最後に東大専科に入れたので、本当に驚きました」

西垣 「万が一入ることもあるかなぁなんて淡い期待もしていたけど、さすがにもう無理だよなって思ってたよね…」

西山 「そうそう。役柄的にも東大専科をまねして勉強はしていたけど、第1話で桜木先生(阿部)を追い出そうとしてしまった過去があるので、自分たちから東大専科に入りたいとは言えなくて…。でも、桜木先生に『お前らも専科に入ったらどうだ?』って言ってもらえて歓喜しました。役と全く同じで『やったぁ!』って」

――東大専科に入ると分かる前に、阿部さんとはそういう話をされたりはしましたか?

西山 「阿部さんが運転するトラックに乗っているシーンを撮影した時に、『お前らどうなるんだろうな~。これで東大ちゃっかり受けてたら面白いよな!』と言ってくださったことがあります。阿部さんも先々の展開を知らなかったので、その時もどうなるんでしょうね〜って話すだけでした(笑)」

――第3話で、店前のテラス席で勉強していた時に『俺たちはちょっと気が引けて専科には行けねぇけどさ…』というセリフもありましたよね。あの時も自分たちがまさか東大専科に入るとは思っていなかったんですね!

西垣 「そうなんです。僕たちも台本を読んで初めて知ったので。第8話の最初の方で夏休みにみんなで勉強しているシーンがあったのですが、その部分を『あれ? 僕たち結構出番あるな〜』って思いながら読んでいたんです。そしたら最後のシーンで、桜木先生から東大専科に誘われるセリフがあって、ただただビックリ! その場ですぐに西山くんに連絡しました」

西山 「本当にすぐ連絡来ました!」

西垣 「心底驚いてしまって…(笑)」

――それはうれしいサプライズでしたね! 晴れて東大専科にメンバー入りして、初めて教室で授業を受けるシーンを撮影した時の心境をぜひお伺いしたいです。

西垣 「(心の声が漏れるように)緊張しました…(笑)」

西山 「本当にね! 東大専科のみんなとは同じシーンが多くて、現場でもこれまでたくさん一緒の時間を過ごしてきたのですが、いざ自分たちが東大専科の教室に入って机に座るとなると、全然感覚が違いました。机に座った瞬間に空気が変わるというか…。今までは廊下から見ることが多かったのですが、廊下から見る東大専科と、同じ教室に座って授業を受ける東大専科の空気の違いを肌で感じて、僕たち2人とも緊張していました」

西垣 「東大専科の教室に入ること自体も第1話ぶりだったんです。厳密に言えば、僕たちが東大専科1号&2号なんですよね(笑)。でもそれ以来、久々にあの教室で座ったら、第1話を撮った時と景色も空気感も何もかも違くて。自分たちの知らない間にこんなふうになっていたんだと気付かされました」

――同じ場所でもそんなに空気感が変わるんですね。

西垣 「全然違いましたね」

西山 「正直ここまで違うと感じるとは思ってなかったです。これまで勉強してきた東大専科のみんなの背中も大きく見えたりして…」

――お二人は教室の一番後列に座っていますもんね。

西山 「そうなんです。みんなの背中を見ながら授業を受けるので、東大専科の先輩である彼らに食らいついていかないと!という気持ちになります」

東大専科メンバーと過ごす青春時間…

――ちなみに東大専科の皆さん、あ…お二人ももう東大専科ですが…。

西山&西垣 「(元気よく)ありがとうございます!!」

――(笑)。先輩・東大専科の皆さんとは撮影の合間でどんなお話をされていますか? さっきも楽しそうにされていましたよね!

西山&西垣 「(息ぴったりに)してました!」

――日々あんな感じなんでしょうか?

西山 「そうですね! みんなよく話しますし、いつも9人でわいわい楽しんでいます!」

西垣 「(髙橋)海人くんから直々にKing & Princeのダンスを教えてもらったりもしましたね。初心者の僕にも根気強く教えてくれるんです!」

――それはぜいたくな時間! 何を踊れるようになったんでしょうか?

西山&西垣 「(同時に)Koi-wazurai!」

西山 「え、匠あれから踊れるようになったの!?」

西垣 「さすがにもう踊れるよ~」

西山 「うそだ~! 絶対踊れないでしょ!」

西垣 「人のを見ながらなら踊れるもん…!(笑)」

西山 「(ちょっと誇らしそうに)僕はシンデレラガールとMazy Nightも踊れるようになりました」

西垣 「その2曲は難しくて僕は無理なんですよ~。Koi-wazuraiがギリ!(笑)」

西山 「ちなみに今はKey of Heartを練習中です!」

――コンサートを開催する勢いで練習してますね!(笑)。皆さん本当のクラスメートのようで、楽しい現場なのが伝わってきます。では最後に、最終回に向けて見どころをお願いします!

西山 「やっぱり東大受験は外せない見どころです。おのおのが事情を抱えながら、それを乗り越えて受ける試験。結果がどうであれ、みんながそこに向かっていく表情は素晴らしいと思うのでぜひ注目して見てほしいです」

西垣 「(コメントをしみじみ聞いて)こうやって必ず良いこと言ってくれるんですよ…! 本当にいつも助けられています」

西山 「いやいや…(と、恥ずかしそうに謙遜)。匠からの見どころは?」

西垣 「僕は、最終回の台本を読んで3回以上は泣きました。こいつら仲良いなって思えるシーンが山ほど出てくるんです。(西山さんに)そういうみんなとの絆とか、号泣ポイントがたくさんあるよね?」

西山 「あるある! 僕もたくさん泣いちゃいました…」

西垣 「自分が出演してるからとか思い入れがあるから特別に感じているわけではなくて、みんなの絆の強さを感じられる、すてきな心が温まる最終回になっていると思います。ぜひご覧いただきたいです!」

 撮影終了後に行われた今回の取材。撮影の疲れを一切見せず、終始笑顔で楽しそうに語ってくれた西山さんと西垣さんから、その場にいるだけで空気を明るくする小橋と岩井と相通ずるものを感じました。さらに、取材前には共演者から「取材頑張って!」と声を掛けられ、現場の和やかさが伺える一幕も。

 写真撮影では、「どうする?」「じゃあ俺はこうする!」と2人でポーズのバランスを取りながら、にらみを利かせた表情や愛嬌(あいきょう)たっぷりの笑顔を見せてくれました。そんな和気あいあいとした様子を見ていた周りのスタッフ陣は、思わずほっこり。2人の晴れやかな雰囲気のおかげで自然と笑みがこぼれ、終始温かい取材となりました。最終回で小橋と岩井がどんな活躍を見せてくれるのか見逃せません!

【プロフィール】

西山潤(にしやま じゅん)
1998年7月12日生まれ。神奈川県出身。A型。2008年、映画「20世紀少年」3部作で唐沢寿明が演じる主人公・ケンヂの幼少期役を務める。他、主な出演作は、大河ドラマ「天地人」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(共にNHK総合ほか)、「恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方」(TBS系)、「運命に、似た恋」(NHK総合)、「福岡恋愛白書14」(KBC)など。現在は「ひとりで飲めるもん!」(WOWOWプライム)が放送中。


西垣匠(にしがき しょう)
1999年5月26日生まれ。石川県出身。B型。2021年2月5日に放送されたドラマ「夢中さ、きみに。」でデビュー。他、ドラマ「西荻窪 三ツ星洋酒堂」(MBSほか)、ショートドラマ「YOKOHAMA blues」(ABEMAビデオ)、「あざとくて何が悪いの?1時間SP」(テレビ朝日系)、「コワくない。就活 〜お願い。シュウカツの神様〜」(NHK総合)などに出演。TikTokアカウント「西垣くんを困らせたい」も公開中。

【番組情報】

日曜劇場「ドラゴン桜」
TBS系
日曜 午後9:00〜9:54 ※6月27日は午後9:00〜10:09

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

TVガイドweb公式Twitter @TVGweb (https://twitter.com/TVGweb)をフォローし、下記ツイートをリツイート。
https://twitter.com/TVGweb/status/1406785129838612481
【締切】2021年7月18日(日)正午

TBS担当 A・M

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.