News ニュース

「ドラゴン桜」最後の生徒役はキンプリ・髙橋海人!「衝動的に喜びを両親に報告していました」2021/03/18

 King & Princeの髙橋海人が、TBS系で4月スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」(日曜午後9:00、開始日未定)に、東大クラス“東大専科”の生徒役として出演することが分かった。同局の連ドラへの出演は今作が初めてとなる。

 同作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され、社会的ブームを巻き起こした「ドラゴン桜」の続編となる新シリーズ。原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で人気連載中の三田紀房氏による「ドラゴン桜2」で、10年ぶりに龍山高校に戻って来た元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部寛)と、生徒たちの東大受験までの新たな物語が展開。前作の15年後を描く続編ではあるが、今の時代の「日曜劇場」枠でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの物語が予定されている。また、桜木の教え子だった水野直美(長澤まさみ)が、今作では16年の時を経て、生徒たちを導く側に立つ。生徒役はこれまで、南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士、加藤清史郎、平手友梨奈の6人の出演が発表となっていた。

 今回、“東大専科”最後の生徒役として発表された髙橋が演じるのは、学園近くの「ラーメン瀬戸屋」の息子で、両親を亡くし1人で店を切り盛りする姉と一緒に暮らしている瀬戸輝。瀬戸は放課後に店の手伝いをするなど、姉思いな高校生ではあるが、将来への夢や希望がなく、なんとなく店を継ぐのだろうと思っている。所属グループでは最年少らしくかわいらしい魅力たっぷりの髙橋が、影のある瀬戸役で新たな魅力を見せる。

 髙橋は「たくさんの方に愛されている『日曜劇場』、そして当時両親と毎週楽しみに見ていた『ドラゴン桜』。本作に出演させていただけると知った時は、衝動的に両親にその喜びを報告してしまいました」とエピソードを明かし、「キャストの皆さん、監督、スタッフの方々からたくさんのことを学び、瀬戸輝という役に誠心誠意向き合い、悔いの残らないように挑み続ける、そんな撮影期間にしたいと思います」と意気込んでいる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.