News ニュース

佐野勇斗が「ドラゴン桜」に出演。阿部寛演じる桜木の元教え子役2021/03/08

 佐野勇斗が、TBS系で4月スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」(日曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 同作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され、社会的ブームを巻き起こした「ドラゴン桜」の続編となる新シリーズ。原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で人気連載中の三田紀房氏による「ドラゴン桜2」で、10年ぶりに龍山高校に戻って来た元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部寛)と、生徒たちの東大受験までの新たな物語が展開。前作の15年後を描く続編ではあるが、今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの物語が予定されている。また、桜木の教え子だった水野直美(長澤まさみ)が、今作では16年の時を経て、生徒たちを導く側に立つ。桜木との新たなコンビネーションをどのように見せてくれるのかも見どころの一つだ。

 同局のドラマに出演するのは約4年ぶりとなる佐野が演じる米山圭太は、桜木の元教え子。この米山の存在が、ドラマ全体にどのような影響を与えるのか注目だ。

 佐野は「前作の『ドラゴン桜』は、僕がまだ小学生の頃にテレビで見ていて大好きだった作品で、『ああ、ドラマに出てみたいなあ』と、役者を目指すきっかけとなった作品の一つです。当時本当に熱狂的にハマっていて、作品の中の勉強法も実践しておりました。歩きながらの勉強などです(笑)」とドラマにまつわる思い出を告白し、「続編を作ると聞いた時は、一ファンとしてとてもうれしく楽しみにしていたのですが、まさかその作品に自分が参加させていただけるとは…夢にも思っていませんでした。この世界で生きさせてもらえることをとてもうれしく思います」と続編への出演を喜ぶ。

 役柄については「今回僕は、桜木先生の今の生徒、ではなく過去の生徒として登場します。『こいつはなんだ!?』と疑問に思うシーンも多々あると思いますが、彼のストーリー展開にもぜひご注目いただければと思います」と期待をあおり、「本当に豪華なキャストの皆さんと共演させていただきます。全力で頑張ってまいりますので、皆さまぜひご覧ください!」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.