News ニュース

平手友梨奈が「ドラゴン桜」で全国レベルのバトミントン選手に!2021/03/16

 平手友梨奈が、TBS系で4月スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」(日曜午後9:00、開始日未定)に、東大クラス“東大専科”の生徒役として出演することが分かった。ゴールデン帯の連ドラ出演は今作が初となる。

 同作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され、社会的ブームを巻き起こした「ドラゴン桜」の続編となる新シリーズ。原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で人気連載中の三田紀房氏による「ドラゴン桜2」で、10年ぶりに龍山高校に戻って来た元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部寛)と、生徒たちの東大受験までの新たな物語が展開。前作の15年後を描く続編ではあるが、今の時代の「日曜劇場」枠でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの物語が予定されている。また、桜木の教え子だった水野直美(長澤まさみ)が、今作では16年の時を経て、生徒たちを導く側に立つ。桜木との新たなコンビネーションをどのように見せてくれるのかも見どころだ。生徒役ではこれまで、南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士、加藤清史郎の5人の出演が発表となっている。

 そして今回、6人目の“東大専科”生徒役と発表された平手は、初主演を飾った映画「響 -HIBIKI-」で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、著名な賞を受賞。俳優としてのさらなる活躍にも期待が集まる。平手が今作で演じるのは、全国トップレベルのバドミントン選手として活躍している岩崎楓。何事にも全身全霊で取り組む岩崎は、その期待に応えようとするがゆえに、大きな壁にぶち当たってしまう役どころ。また、岩崎は前作では登場しなかった、部活動を第一に考え打ち込んでいる生徒。彼女を通してスポーツと勉強の相互関係、部活を頑張ったからこそ得られる受験へのメリットなどにも触れていく。

 平手は「楓という役をまだ把握しきれていないので、早い段階で見つけられるようにしたいと思います。初めてのことだらけなので、すごく緊張していますが、この作品を通して何か響くものを届けられたらと思っております。よろしくお願いします」と意欲を見せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.