News ニュース

おいでやす小田、吉川愛の“キレる”上司に!「カラフラブル」で地上波ドラマ初レギュラー2021/03/16

 おいでやす小田が、日本テレビ系で4月1日スタートの連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)に出演。地上波ドラマ初のレギュラー出演となる小田は「正直、何で僕?と思いました。僕がドラマのお仕事させてもらえるなんて、いくらなんでも早過ぎないか?と思ってます」と驚きを隠せない様子だ。

 原作は「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の、ためこう氏によるコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちな等身大の女性・町田和子(わこ/吉川愛)と、メークとファッションを自由に楽しむ男性・相馬周(めぐる/板垣李光人)が、お互いがいることで成長し、自分自身や取り巻く世界がカラフルになっていく、かわいすぎる2人のラブストーリーだ。脚本は坪田文氏、監督は熊坂出氏と、2020年夏に同系で放送され好評を博した「おじさんはカワイイものがお好き。」を手掛けたスタッフが再集結し、最高にキュートな恋模様を作り上げていく。

 本作では、和子の上司で漫画誌編集部のデスク・境正美を演じる小田。和子たち編集部員や漫画家に対してキレ口調の関西弁でまくしたてるようにしゃべるため周囲は圧倒されがちだが、漫画を愛し漫画誌の売上を上げるために日々試行錯誤しているというキャラクターだ。

 2020年の「M-1グランプリ」にピン芸人同士の即席ユニット“おいでやすこが”として出場し、準優勝に輝いた今注目の芸人・小田が、持ち味のキレ芸を彷彿とさせる演技を見せるほか、境の人間性が浮き彫りになるストーリーも展開される。

 小田は演じる役柄について「境という男が、僕が普段ネタでやってるキャラそのものなので、とてもやりやすいと思ってます!」と言いつつも、「でもいきなり連続ドラマに出演させてもらえることにまだ戸惑ってます! 手探り状態から監督さんのご指導の下、段々役になじんでいくさまもお楽しみください! どーなるんでしょー!!!」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.