Feature 特集

終末世界で焦がれ続けた恋人との絶望の再会…冷静さを失った主人公の過ち「君と世界が終わる日に」2021/03/14

 通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%の“生ける屍=ゴーレム”に占拠された世界を生き抜く、竹内涼真さん主演のサバイバルラブストーリー「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系)。3月7日放送の第8話では、間宮響(竹内)が小笠原来美(中条あやみ)を矢で射抜いてしまうという衝撃の展開が最後に待っていました。

 第8話の予告映像にあった「お前がミンジュンを刺した女か」と響が弓を引いているシーン、そこに立つ女性が来美だと分かり、ようやく来美が島陣営に加わるという展開を心から願っていたのですが…、世の中そう甘くありませんでしたね…。あまりに残酷すぎる2人の運命に、目を覆ったまま30秒は動くことができませんでした。

 幾度となくゴーレム化した元人間の息の根を止め、終末世界で出会った親友のユン・ミンジュン(キム・ジェヒョン)を失い、徐々に平常心を保てなくなっている響。自衛隊の上陸で安藤玉恵さん演じる三原紹子が負傷したシーンで、響の精神状態がどれだけ追い詰められているのか感じ取れるセリフがあります。

 それは、自衛隊に対し敵意を向ける響に向かって御前崎(宇野祥平)が忠告したシーン。御前崎の言葉に対し、「御前崎さん、俺だって殺し合いなんかしたくないよ。そりゃあんたみたいに手合わせてるだけで仲間救えるんだったらいいよそれで。仮にこの世界に神とか仏様がいるんだったら、じゃあなんでこんな世の中になってんだよ! 今俺が信じられるのは、“やらなきゃやられる”ってことだけですよ」と、やりきれない思いをぶつけるのでした。

 仲間を守るため、残酷な役回りさえも担ってきた響。あれだけゴーレムを殺すのをためらっていた心温かい青年であっても、冷静さを失った状況では悪魔にもなりうるという、なんとも考えさせられる描写でした。そしてその結果、来美に矢を放ってしまうという結果につながってしまいます…。

 さらに、作中でも“ゴーレム”の登場シーンが減り、いよいよ人対人の構図に変わってきたと言えますね。第9話では、どのような動きがあるのでしょうか。

「きみセカ」公式LINEスタンプが登場!

 「君と世界が終わる日に」公式LINEスタンプが登場。3月11日にリリースされ、本編に登場するセリフをもとに作られた24種類のスタンプが用意されています。早速、筆者も購入してみました!

 このスタンプ、なんと言っても注目すべきはご本人のボイス付きであること。特に、上の画像にもある滝藤賢一さん演じる首藤教授の「笑笑」スタンプは、劇中の狂気っぷりが惜しみなく再現されています。このスタンプが突然送られてきた日には、驚きで勢い余って思わずスマートフォンを手から滑らせてしまうことでしょう…。近々、こっそり友人に送ってみようと思います。(にやり)

3月14日放送・第9話

 ミンジュンの死を招いた人物に対する憎しみに支配されていた響は、自身の恋人である来美に矢を放ってしまいます。もちろん、矢を向けていた人物がずっと会いたくて会いたくてたまらなかった来美だとは知らずに…。崩れ落ちる来美の姿を目の前にし、響は言葉を失います。

 胸に矢が刺さり意識を失った来美の容体は、一刻を争うほど急速に悪化。一方、甲本洋平(マキタスポーツ)と柊木佳奈恵(飯豊まりえ)は、等々力比呂(笠松将)を人質に自衛隊と対峙(たいじ)し、一触即発の緊張状態に。そんな中、自衛官の桑田陸斗(浅香航大)は、佳奈恵の“ある言葉”を耳にして駐屯地への疑問を抱き始めます。

 その後、自衛隊が島から退陣するも、響の前にはゴーレム化した妹を殺された敵を討とうと、橘勝利(田中奏生)が姿を現します。生きる気力を失っていた響は「殺してくれ…」と力なくつぶやき、自ら命を差し出そうとしますが…。

 その頃、首藤の行動を不審に思い、駐屯地から逃亡してきた桑田がひとり島にやって来ます。同じ頃、銃で撃たれた紹子の容体が悪化。治療に必要な抗生剤が底を突きてしまった響たちは、薬を手に入れるために駐屯地との交渉を始めます。しかし、無線機での交渉に応じたのは意外な相手だったのです。

 地上波放送は残すところあと2話。最後まで何が起こるか分からない、究極のサバイバルストーリーをぜひお見逃しなく!

【番組情報】

「君と世界が終わる日に」
日本テレビ系 
日曜 午後10:30~11:25

日本テレビ担当 K・S

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.