News ニュース

滝藤賢一が「君と世界が終わる日に」で物語の鍵を握る研究者に2020/12/04

 滝藤賢一が、日本テレビ系で2021年1月にスタートする連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10:30、開始日未定)に出演。主人公の間宮響(竹内涼真)と共に、死と隣り合わせの終末世界を生き抜こうとするサバイバーの1人、首藤公貴を演じることが分かった。

 本作は、死と隣り合わせの終末世界をたくましく生き抜く、響の生き残りをかけた戦いを“サバイバル×ラブストーリー×ミステリー”の三つの軸を絡めた極限の人間ドラマとして描き出す大型ドラマ。日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、1月から地上波でSeason1が放送開始となり、全10話で一度完結。その後、3月からHuluオリジナルとしてSeason2が全6話で配信。響の恋人・小笠原来美役で中条あやみも出演する。

 滝藤演じる首藤は、“世界の終わり”に立ち向かおうとする愛妻家の研究者。“世界の終わり”に巻き込まれた人々を、1人でも多く救うために尽力し、生存者たちの精神的支柱となる人物で、物語の鍵を握る役どころとなる。

 「このある意味崩壊した世界を救えるかどうかは、私演じる首藤にかかっているといっても過言ではありません」と演じる役柄について触れる滝藤は、「全身全霊、医療に身を捧げた男。それ故、誤解を招きやすいが、確固たる自分を持ち自信に満ちあふれている。自分の信念に正直な男。常に人の影響を受け、振り回される私、滝藤賢一とはまるで正反対だな…」とちゃめっけたっぷりに、キャラクターを紹介。

 さらに、現在放送中の「極主夫道」(日曜午後10:30)に引き続き、同局の「日曜ドラマ」枠に出演となる滝藤は。「極道からクレープ屋、そして〇〇〇〇…俳優人生25年、私滝藤賢一、いろいろな役をやらせてもらいましたが、ついに〇〇〇〇になれるのか? なんとも感慨深い。なんて数奇な人生なんだ。日曜日の夜にすてきなドラマを皆さまにお届けできるのが今から楽しみです!」と、第一報から伏せられ続けている“世界の終わり”の正体に言及。果たして街を占拠した〇〇〇〇とは一体何なのか、期待感をあおっている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.