News ニュース

竹内涼真が「最初で最後の幸せなシーン」で「君と世界が終わる日に」クランクイン!2020/10/19

 竹内涼真が主演を務め、日本テレビ系で2021年1月にスタートする連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10:30、開始日未定)が、首都圏近郊でクランクインを迎えた。

 同作は、孤立した世界での生き残りをかけた戦いを、“サバイバル×ラブストーリー×ミステリー”の三つの軸を絡めた“極限の人間ドラマ”として描き出す大型ドラマ。日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、1月から地上波でSeason1が放送開始となり、全10話で一度完結。その後、3月からHuluオリジナルとしてSeason2が全6話で配信される。竹内は自動車整備工で、どんな状況でも諦めず、死と隣り合わせの終末世界を生き抜くたくましいサバイバー・間宮響役を演じる。

 人生初のブリーチ、久しぶりの短髪姿で現場に現れた主演の竹内は、日本の連続ドラマとしては異例のボリュームの全16話からなる大作となる今作のクランクインに際し、「これから長期間の撮影になります。大変ですよこれは…」と笑いを誘いつつ、役柄さながらに男らしく、「でも頑張りましょう! 皆さん、よろしくお願いします!」と、座長としてスタッフ共演者らを力強い笑顔で鼓舞した。

 初日は事件が起こる当日、恋人である来美との幸せな生活を描いたシーンから撮影がスタート。「ほぼ最初で最後の幸せなシーンでしたね」と撮影を終えた竹内は笑顔を見せた。ヒロインである来美役、そのほかの共演者については今後、随時情報解禁となる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.