News ニュース

中条あやみが竹内涼真の生死不明の恋人に!「君と世界が終わる日に」で研修医役2020/10/26

 中条あやみが、竹内涼真が主演を務める、日本テレビ系で2021年1月にスタートする連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10:30、開始日未定)に出演。竹内演じる間宮響の恋人である研修医・小笠原来美を演じることが分かった。

 中条は竹内との共演について「以前別のお仕事で兄妹の役を演じたこともあって、心強いなと思っていました。ただ、クランクインした日に2人の幸せな日常シーンを撮影して以来、一緒のシーンがほぼなくて…(笑)」とコメントし、「でも、すれ違いの時間が続くからこそ、私の中でも響への気持ちをきちんと作っていけるんじゃないかなと思っていて。来美と同じように、幸せな生活のシーンの思い出を胸に、しっかりと役を演じていけたらいいなと思っています」と作品への意気込みを語っている。

 同作は、死と隣り合わせの終末世界をたくましく生き抜く響の生き残りをかけた戦いを、“サバイバル×ラブストーリー×ミステリー”の三つの軸を絡めた“極限の人間ドラマ”として描き出す大型ドラマ。日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、1月から地上波でSeason1が放送開始となり、全10話で一度完結。その後、3月からHuluオリジナルとしてSeason2が全6話で配信される。

 中条が演じる来美は、優秀な成績で有名大学医学部を卒業し、研修医として働く響の恋人。高校時代は響と同じ弓道部に所属していた。自分に厳しいしっかり者だが、響の前では年相応の顔も見せるという役どころ。ある事件をきっかけに響の前から姿を消してしまうが、果たして響と生きて再会することができるのかが、作品の大きな見どころとなる。

 物語は、来美へのプロポーズの直前、トンネル崩落事故によって閉じ込められた響が命からがら脱出すると、そこに広がっていたのは“終末世界”。街に人の姿はなく、来美も失踪。響は来美が生きていると信じ、未知の脅威が潜む“終末世界”での生き残りを誓うというストーリー。前代未聞の生死不明、「恋人と会えないヒロイン」を演じる中条はすでにクランクインし、撮影に合流している。

 出演オファーを受け「すごい企画にお声がけいただいたな」と思ったという中条は、「今回はこれまで経験した作品と比べてもスケールの大きい内容で、このような新しいことに挑戦する作品に呼んでいただいてうれしかったです」と喜びを伝え、「私の演じる来美は自分に厳しくて、すごく強い人間に見えるのですが、響の前では弱いところも見せるし、彼の器の大きさに支えられている部分もある女の子です。私自身、現場で自分よりも年下の子がいたりすると『しっかりしなきゃ』というスイッチが入ることがあるので、そういうところは彼女の気持ちが分かるような気がします」と演じる来美に共感している様子。

 そして、「このドラマはワクワク、ドキドキ感というか見ていてものすごくアドレナリンが出る部分もあるし、つらいだけじゃない温かい人間模様もあり、響と来美の究極のラブストーリーでもあります。シンプルな言葉で表現できないぐらい、見ていていろんな気持ちになる濃い作品です」と見どころを語り、「ぜひテレビの前の皆さんも響や来美たちと一緒に、この世界に振り回されていただけたらと思います」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.