Feature 特集

「ただ今、コント中。」浜辺美波やジェシーらのむちゃぶり対応に爆笑!? 今夜、サンドウィッチマンらが多様なコントで魅せる!2020/12/29

 今年の夏に放送され、大きな反響を呼んだコント番組「ただ今、コント中。」(フジテレビ系)が、年末に帰ってくる。サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)を中心とし、バイきんぐ(小峠英二、西村瑞樹)やかまいたち(山内健司、濱家隆一)、3時のヒロイン・福田麻貴らが本気のコントを作り上げる本番組だが、12月29日の放送では果たしてどんな爆笑コントが見られるのだろうか。その注目ポイントを紹介したい。

前回好評のコントがパワーアップ!

 まずは、前回も放送されたコーナーが一段とパワーアップして再登場すること。例えば、富澤がJ.Y.ParkならぬT.T.Parkに扮(ふん)するコントでは、もう1人の「○○Park」が登場し、まさかのコラボレーションに。さまざまな番組でJ.Y.Parkのものまねを見かけてきたが、2人が並んだのはここだけかもしれない。

 「FNS歌謡祭」を彷彿(ほうふつ)とさせる「2020ただ今、歌謡祭」では、3時のヒロイン・ゆめっちがあいみょんの「裸の心」を披露する。意外な美声に驚くのもつかの間、コンテンポラリーダンス(⁉)をしながら画面に入って来たかなでの動きがだいぶ気になるのだが…。真面目に歌うゆめっちとクレージーなダンスを披露するかなでの、シュールな姿に最後まで目が離せない。

実際のスタジオを使ったネタ&“業界風”ボケも!?

 スタジオ内のあらゆる場所を使ったコントが見られるのも、同番組ならでは。例えば湾岸スタジオの受付には、しずるやなにわ男子らが訪れ、受付スタッフに扮した伊達とゆめっち、かなでとトークを繰り広げる。本格的なセットとのギャップも面白いだろう。

 さらに、伊達が「今回一番の問題作」と心配する「ダテちゃんマン」のネタでは、とある撮影風景を舞台にコントを。富澤、山内、池田一真が扮する番組制作スタッフたちが完全にオリジナルだと言い張る(⁉)「ダテちゃんマン」の撮影をすべく、演者である伊達に指示を出していくのだが…。テレビマンに扮した富澤たちは、業界風なボケをさく裂させ、伊達を困らせていく。予想外の展開に対する伊達のツッコミにも要注目だ。さらに、共演の新人女優役で堀田真由が出演する。

松本穂香の熱演で“二度おいしい”学園コントも!

 「死のメール」という学園ものには松本穂香が登場し、その演技力に圧倒される。同級生役としてかまいたち、村上純、ジェシーが出演し、なぜか山内にだけ届かない死のメールを巡ってコントを繰り広げる。ホラーのような雰囲気の中、松本がか弱い女子高生として恐怖したかと思えば不敵に笑いだしたりと、迫真の演技で緊張感を増幅させる。物語として楽しむのはもちろん、シリアスな展開の一方で1人置いていかれる山内が際立っているのもなかなかシュールで、他のネタとは違った面白さがあるように思えた。

浜辺美波にジェシー、なにわ男子も…ここでしか見られない一面が面白い

 その他にも、豪華キャストがコントに挑戦する姿はまさに見どころ満載。ギャルに扮する浜辺美波は先輩ギャルの山内にむちゃぶりされたり、フジテレビの入社面接を受けに来たなにわ男子は、面接官の伊達にイジられたり、ヒト科ジャニーズ族イケメン種という動物を演じたジェシーは柴田英嗣の動物解説に合わせて動いてみたりと…台本にない展開にこそ、その人の素顔が見られるような瞬間が詰まっていた。

 むちゃぶりに困ったり、予想だにしない展開を受けて思わず吹き出してしまう姿を見て私も笑顔になったし、私自身コントのイロハは詳しく分からないが、流れを完成させるよりもその場を楽しんでいる出演者たちを見ているのが楽しかったようにすら感じた。

 難しいことは考えず、その展開に笑ったりスタジオの楽しそうな雰囲気を感じながら気軽な気持ちで見るのも、この番組の楽しみ方の一つだろう。ゆったりとしたい年末の夜に、ぜひお気に入りのコントを見つけてみてはいかがだろうか。

【番組情報】

「ただ今、コント中。」
フジテレビ系
12月29日 午後6:30〜9:00

フジテレビ担当M・F

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.