News ニュース

SixTONES・ジェシーがアドリブさく裂の本気コントに挑戦!2020/12/12

 フジテレビ系では12月29日に、「ただ今、コント中。」(午後6:30)が放送。今夏オンエアされ大きな反響を呼んだバラエティーの第2弾には、サンドウィッチマンを中心に、彼らが信頼するベテランから若手の芸人たちに加え、今回も女優やアイドルら豪華ゲストが参戦する。そのトップバッターとして、大人気アイドルグループ・SixTONESからジェシーの出演が決定した。

 ジェシーがコントに挑戦するのは、今年1月のデビュー以来初。美しすぎるビジュアルを持つジェシーだが「かっこいいだけじゃダメ」と台本のないコントに果敢に挑み、サンドウィッチマンらを驚かせる。

 ジェシーが出演するコーナーの一つが「ただ今、どうぶつ王国」。動物の生態を楽しく観察するために、アンタッチャブル・柴田英嗣扮(ふん)する動物研究センターの柴田先生に貴重な話を聞くという企画で、“ヒト科イケメン属”に分類される動物として登場する。

 柴田先生が専門家ならではの解説を次々と差し込む中、若いメスたちをメロメロにしてしまう動物として“野生”の感じたっぷりにアドリブで対応しなければならないこの企画。台本なしのやりとりに、どんな笑いが生まれるのだろうか。

 やんちゃなゴリラに扮(ふん)するサンドウィッチマンの2人や、おっとりしたコアラになりきるバイきんぐ・西村瑞樹と狩野英孝との掛け合いにも注目。テレビやステージで見るアイドルとしての姿とは違った、イケメン属・ジェシーの勇姿から目が離せない。

 さらに、ジェシーは「死のメール」という学園ものコントにもチャレンジ。クラスメートに送られてくる恐怖のメール、そしてその通りに1人ずつ謎の死を遂げるという“ミステリー”コントだが、収録中、笑いをこらえきれない場面もあったのだとか。同級生役のかまいたちや村上純(しずる)らと、どんな演技を見せるのかにも期待が高まる。

 収録を終えたジェシーは、まず「動物園コントは、台本なかったですね。でもああいうの好きです! 柴田さんが最高のツッコミをしてくださったので、その場で動きを考えました。あとは視聴者の皆さんがどう感じていただけるか、です(笑)。『死のメール』コントは、そうそうたるメンバーと一緒にやらせていただいてうれしかったです。僕がこんなところにいていいのか?と。でも、本当はもっとボケたかったんですよ。とにかく笑いとボケをこらえていました」と楽しんだ様子。

 大型コント番組への出演に関しては「デビューしてからは初めてです。前回の放送でSnow Manが出ていて面白かったので“うらやましいな”と思っていました。今回参加できて夢みたいでうれしいです! 僕がコントのセリフの練習をしていたら、SixTONESのメンバーから“ドラマに出るの?”って。“『ただ今、コント中。』だよ”って言ったら“すごいね!”と応援してくれました」とメンバーとのエピソードも披露。

 また「父の影響で、ジム・キャリーが好きなんです。人が爆笑した顔を見るのが心地よくて。アイドルがかっこいいのは当たり前ですから、その中でも面白さをどう出せるか、というのが大事。ギャップで少しでもお笑いができるようになる、というのが僕個人のやりたいことなんです」と、お笑いへの探求心もうかがわせた。

 そして、次にコントをやるとしたら「2人でやるのもいいですね。よくツッコんでくれるメンバーの(田中)樹と出たいでです。とにかくサンドウィッチマンさんが大好きなので、お二人と一緒に何かやらせていただきたいです!」と期待を寄せた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.