Feature 特集

中村蒼が「もふもふモフモフ」で犬や猫っぽい「エール」出演者を告白!?2021/01/01

 犬や猫などの“もふもふ”とイケメンが戯れる「もふもふモフモフ」(NHK総合)が元日に放送されます。お正月から癒やしてくれるイケメンは、連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)で、窪田正孝さん演じる主人公・古山裕一の幼なじみで、福島三羽ガラスとしても活躍した村野鉄男役の中村蒼さん。

 ニャンコ好きの中村さんが「温泉もふもふ」のコーナーに登場し、静岡・伊豆の温泉地を訪ねます。ハイタッチをしてくれるニャンコのかわいらしさにもん絶し、客室を訪問してくれるニャンコには、思わず鼻の下を伸ばしちゃった中村さんから、収録後の感想や“もふもふ”に対する熱い思いが届きました!

――収録を終えていかがですか?

「楽しかったです。動物たちと触れ合うロケは“人生初”だったので、猫ちゃんと触れ合う以前に、自分自身が乗り切れるか、という不安もありましたが、猫ちゃんたちもみんなお利口さんで協力的で、無事に収録できました。とても癒やされました」

――ニャンコとの触れ合いで何が印象的でしたか?

「(猫が)旅館の部屋に来てくれてこたつの中にいてくれていたりすると、(実家で猫を飼っているわけではないですが)実家なんじゃないか、というくらい落ち着けて、居心地よかったです」

――2020年は「エール」にご出演されていましたが、振り返ってどのような年でしたか?

「2020年はこのような世の中になってしまいましたが、(エールの)撮影が続いていたおかげで、キャストの皆さん、スタッフさんとの一致団結感が増して、とても楽しい1年になりました(猫が後ろで動くので気になる様子で…笑)。人のつながりや縁を感じる1年でした」

――では、2021年はどのような年にしたいですか?

「どんな1年になるか分かりませんが、恐れずにいろいろなことに挑戦していきたいなと思います」

――「エール」の共演者で最も犬っぽいのはどなたでしょうか?

「二階堂(ふみ)さんかな。表情豊かですし、いろいろな面があってみんなの“華”でした。二階堂さんがいらっしゃると場が明るくなったので、(犬の雰囲気に)似ているかなと思います」

――では、猫っぽいのは?

「(山崎)育(三郎)さんとか。「エール」で演じていた“久志”を見ると猫っぽくないですが、育さん自身はスマートで、ガンガン話すタイプではないけれど、そっと寄り添ってくれる感じが猫ちゃんに似ているかな」

――もし飼えるなら、どんな“もふもふ”を飼ってみたいですか?

「大きなゴールデンレトリバーとガシガシ戯れることが夢なので、飼ってみたいですね。小型犬も好きですが、大きければ大きいほど、触り応えがあって、ガシガシ触れて、夏はシャワーで一緒に遊んで…と、いろいろできそうで楽しそうかな。それに、優しいし癒やされそうだなと思います」

――憧れの“もふもふ”はいますか?

「ライオンの赤ちゃん、トラの赤ちゃん。一度でいいから触ってみたいです。触らずには死ねないというくらい。夢ですね。ちっちゃいけれどたくましい足がかわいいですよね。(ライオンキングの)シンバみたいな。いつかこの番組でライオンの赤ちゃんがいるときはぜひ呼んでください!(笑)」

――生まれ変わるとしたら、どんな“もふもふ”になりたいですか?
 
「猫ちゃんがいいかな。“看板もふもふ”は猫ちゃんが多いイメージ、駅長とか受付にいたり…。人に癒やしを与えてくれるのは猫ちゃんの方が多いというイメージがあるので。それにいろいろな人に触れ合えて、出会えるのも魅力なので、猫ちゃん」

――視聴者へのメッセージをお願いします!

「今回もステキな“もふもふ”ちゃんがいっぱい出ています! 僕は最高に癒やされました。皆さんも『2021年、癒やしはじめ』していただければと思います。ぜひご覧ください!」

――ありがとうございました! 

 中村さんの“もふもふ”に対する愛がビシビシと伝わってきますよね! ライオンやトラの赤ちゃんと触れ合うという中村さんの夢が今後、実現してほしいです!

 そのほか「もふもふスケッチ」には八代亜紀さんが出演。都内のカフェでは、頭に何でも乗せちゃうワンコに出合い、ジャズ・バーではワンコと一緒に育ったニャンコとお散歩。さらに、ひふみんこと加藤一二三さんが保護猫カフェを訪れ、ニャンコたちの前で書き初めをしちゃいます。ほかにも、お正月らしく「もふもふかくし芸大会」のコーナーや、番組キャラクターのもふ太が熊野那智大社に初詣に出かける「もふもふ初詣」もありますよ。中村さんもおっしゃっていましたが、“もふもふ”で『2021年、癒やしはじめ』をしてください!

【番組情報】

もふもふモフモフ「中村蒼ネコに萌え!奇跡オス三毛猫赤ちゃん」
NHK総合
1月1日 金曜 午後6:05~6:48

NHK担当 K・H

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.