Feature 特集

「この恋あたためますか」で新たな魅力を見せる仲野太賀にインタビュー! 「好きな人に対して、どうしてもただのいい人になってしまう人って山ほどいると思う」2020/12/01

 

 現在放送中のドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)。一番売れるコンビニスイーツを目指して奔走する井上樹木(森七菜)、浅羽拓実(中村倫也)、新谷誠(仲野太賀)、北川里保(石橋静河)の4人の思いが交錯する甘く切ないラブストーリーです。今回は、樹木への切ない恋心を持ちながらも、自然体で熱い思いを持ち、視聴者からの人気を集めている新谷役の仲野さんにインタビュー。役作りや、慣れないと話す胸キュンラブストーリーを演じてみた感想などをお伺いしました。

――毎話、樹木&新谷のキュンキュンシーンにドキドキしながら拝見しています。これまで演じてきて、あらためて感じる新谷の魅力をお伺いしたいです。

「新谷のキャラクターの軸をどこにしようという話を監督として、樹木ちゃんはもちろん、人に対する誠実さを大事に構築していこうという形になりました。誠実さはやはり新谷の魅力だと思います」

――制作発表会見の時に、胸キュンする恋愛作品は経験したことがないとおっしゃっていましたね。今作で特に新谷はそんなシーンが盛りだくさんですが、役柄を伝えられた時どういう印象を受けましたか?

「僕で務まるのかなって(笑)。ましてや今をときめく中村倫也さんの恋敵なので、大丈夫かなっていう心配も正直ありました」

――確かに敵にしたくない相手ですね…(笑)。仲野さんといえば「今日から俺は!!」の今井勝俊、「ゆとりですがなにか」の山岸ひろむ(ともに日本テレビ系)など、連続ドラマでは変わったキャラクターを演じてお茶の間に笑いを届けている印象が強いです。今回そういった振り切った役柄と演じ分ける時に苦労した部分はありますか?

「今まで演じていた役は癖が強かったので、今作ではプレーンになれたらいいなと思っていました。どうしてもアクが強くなってしまったりとか、今までそっちに行きがちだったので。爽やかさや、樹木ちゃんと並んだ時に釣り合うような人であれたらいいなって思っていました。そのために髪もちょっと切ってみたり、衣装も担当の方がいろいろ考えてくれたり。そういうふうにして新谷はできてます」

――樹木のカジュアルな服装と並ぶと、ちょうどいい爽やかな装いですよね。特にこだわっているポイントはありますか?

「ドラマ作品では、爽やかさもあって格好よさもある役をやったことが少なく、さえない感じの役柄ばかりだったんです。そんな過去の出演作品の写真を衣装さんが探して見てくれて、『意外とこういうのなかったでしょ?』と、新谷のイメージを作ってくれました」

――普段爽やかな新谷が時折見せる樹木を見つめる温かい視線や、切ない表情にギャップがあるのも魅力です。特に樹木が自分で作ったスイーツをレジ打ちするシーンなど印象的でした。

「ああいうシーンは監督とも話しながら作り上げています! 樹木ちゃんと一緒にスイーツを作っていく中で恋愛感情はもちろん、ちゃんと人と人としての絆やつながりを出したいなと。でも、樹木ちゃん自身が浅羽社長に夢中なので…(笑)。僕は樹木ちゃんの背中を見ているしかないというのが前半の物語でした。いかにこれから樹木ちゃんにとって、新谷が特別な存在になれるかを大事に演じていきたいなと思っています」

――樹木との関係を大切に築いていこうとする新谷の温かい人柄がある半面、浅羽に思いを寄せている里保に対して「頑張れよ!」と声を掛け、自分の気持ちが前に出てしまう部分もあったりして…。

「そうなんです! そういうところに人間味がありますよね」

――樹木の恋の成就を邪魔してしまうような言動を出す、その主張の表現がとても難しそうだなと思いました。

「そこは話ごとの監督さんと話し合って決めています。演じていて出すぎる時があれば本当に細かい部分を調整して。エゴの部分を出しすぎると共感できないし、樹木ちゃんに振り向いてもらいたい新谷がどうなっていくかという部分もこの作品の一つの楽しみにしていただきたいので、皆さんに応援してもらえるような新谷にするのが目標です」

――第4話ではそんな新谷が大きな一歩を踏み出し、キスシーンもありました。これまでの放送を経て胸キュンシーンへの慣れや、視聴者の反応から手応えは感じましたか?

「慣れは全然ないですね。第1話の“再起動”のシーンを撮影した時も『大丈夫ですか! これで大丈夫ですか!?』という感じでした。この前は仲直りの指切りをするシーンがあったのですが、その時も『ゆ…指切り!?』って困惑して」

ページ: 1 2

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.