News ニュース

中村倫也が「この恋あたためますか」主演の森七菜を絶賛! 撮影は「ヘラヘラとやっています(笑)」2020/10/15

 森七菜と中村倫也が共演する、10月20日スタートのTBS系連続ドラマ「この恋あたためますか」(火曜午後10:00)の制作発表会見および、東京スカイツリースペシャルライティング点灯式が行われ、森、中村、仲野太賀、石橋静河が出席した。

 オリジナル脚本による同ドラマは、スイーツ批評が趣味の、夢破れたコンビニエンスストア「ココエブリィ」のアルバイト店員・井上樹木(森)と、会社から業界シェア最下位のコンビニチェーンの改革を託され、社長に就任した切れ者の浅羽拓実(中村)が、「一番売れる」スイーツ開発をしながら、甘い恋を繰り広げる“スイーツ×ラブ”ストーリー。

 主演を務める森は「登場人物一人一人の言葉が、いろんな音になって聞こえてきて。これが実際に皆さんが言葉にして映像になったら大変なことになってしまうんじゃないかと思うぐらい、読んでいてワクワクしました」と台本を読んだ際の心境を明かし、「現場の雰囲気はすっごく楽しいです。笑い声が絶えないイメージですけど、いろんな方が登場されるので、ココエブリィの本部と、コンビニアルバイトの両方に私はいるのですが、どちらも笑い声が絶えずにとても楽しいですね」と撮影の充実ぶりを語る。

 また、野外で芝生の上に座る記者を目の前にした会見に「秋は行楽シーズンなんて言いますけれども、皆さんも今、ピクニック気分を味わっていただけますでしょうか?」とのんびりとあいさつを始めた中村は「本当に魅力的な森七菜がそこにいるドラマだと思います」と話し、森演じる樹木とともに、スイーツ開発に励むパティシエ・新谷誠役の仲野も「いやぁ、かわいいねぇ。本編を見ていただければ分かるんですけど、森七菜がすてきです。本当に。森さん独特の情報量の多い芝居というか、情報がもうすごいですよ『バーン』って、よく分からないですよね…。うまく言葉にできないんですけど、森さんとお芝居をして、すごく楽しくて本当に毎シーン、毎シーン、引っ張ってもらってます」と森を絶賛。森は照れ隠しからか低い声で「ありがとうございますっ!」と返答した。

 また、中村は「割と早めにチームワークというかグルーブみたなものが生まれたなと思っていたら、僕以外はまだ思っていなかったみたいで。でも撮影が始まって、1カ月ちょっとたってるんですが、こんな感じでヘラヘラとやっています。(みんなが)よく笑ってくれるんでありがたいんですよ」と現場の雰囲気を伝え、役作りについては、四角関係なんて言われてるんですけど、4人それぞれの持つリズムが違って、混ざり合っているのが面白そうだなと台本を読んだ時に思って、中でも(演じる)浅羽は、ちょっと大人の謎を残した人物で、社会で頑張っていると本音ばっかりでしゃべってられないですし、そういう裏腹な面を見せられたら、この作品全体が楽しくなるんじゃないかなと思いながらやっています」と語った。

 先輩と後輩の板挟みになりがながら、自分らしい生き方を模索する「ココエブリィ」商品部スイーツ課の北川里保を演じる石橋は「北川さんと自分は同い年なんですが、たぶん26歳ぐらいって、その仕事にちょっとずつ慣れてくるけど、でも別に全部を知ってるわけじゃなくて、でも後輩も出てきて、先輩もまだいてっていう。何か自信はないのに、もっと大人でなきゃいけないみたいな感じがすごく分かるなと思います」と役柄に共感。また、劇中に登場するスイーツでは、「新谷くんと樹木ちゃんが最初に作る(第1話に登場する)スイーツがめちゃめちゃおいしかったです」と声を弾ませた。

 会見では、ドラマをイメージしたスペシャルカラーでスカイツリーをライティングする点灯式も行われ、ピンク色に染められたスカイツリーを目にした森は「奇麗ですね~。東京で一番高いツリーをたくさんの人が見ているわけですよね。『この恋あたためますか』がたくさんの人に幸せを与えていると思うと、すごくハッピーな気持ちです」とほほ笑んだ。

 そして、「(ドラマを)楽しみにしてくださっている方々には、とても楽しくて、なんか温かい、自分も温めてくれるものを再確認ができたり、「恋あた」に直接温めてもらったりとか、本当に楽しいドラマになっていますので、ぜひお楽しみにしていただければなと思います。この冬は『恋あた』が温めます!」と力強く宣言し、会見を締めくくった。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.