News ニュース

赤楚衛二が吉田羊主演「コールドケース3」にゲスト出演!「思い切って挑戦した役」2020/10/15

 12月5日スタートのWOWOWプライム「連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~」(土曜午後10:00)の第5話に松澤匠、織田梨沙、小久保寿人、第6話に山口紗弥加、久保田紗友、赤楚衛二がゲスト出演する。

 同作は米人気ドラマを吉田羊主演で日本版リメークしたシリーズの第3弾。第5話のタイトルは「夜のドライブ」。長野県警から捜査一課の百合(吉田)たちの元に身元不明の男で自称・鈴木和也が盗難車でスピード違反を起こしたとの連絡が入る。その盗難車が実は、一昨年に行方不明となった弁護士の久保沙織が婚約パーティーの最中に駐車場でさらわれた事件現場で目撃された車だった。この身元不明の謎の容疑者・鈴木和也役を松澤、行方不明となった弁護士・久保沙織役を織田、沙織の婚約者・谷口翔馬役を小久保が演じる。

 続く第6話のタイトルは「壁の女たちへ」。捜査一課の刑事・百合と高木(永山絢斗)が通報のあった大学のキャンパスを訪れると、そこには「平山陽介はレイプ犯」と落書きがされていた。この平山とは25年前にキャンパス内で何者かに殺害された当時大学4年生の男であった。平山の事件を洗い直すことになった百合たちは、事件と同じ年に平山の名前が加害者として記載されたレイプの被害届が残っていたことを知る。

 レイプの被害者である牧村美里役の山口は「数日の撮影でしたが、へとへとで、気分も重たくて、こんなにも役を自宅に持ち帰るのは初めてかもしれないぐらい、何とも言えない時間を過ごしました」と振り返り、「百合はドライな部分があるように見えて、羊さんが演じている百合だからこそ、心をこちら側に寄せてくださっているのがすごく伝わってきて、目を見ただけで演じながら涙が出てきてしまいました」と吉田を賞嘆した。また、若き日の美里を演じた久保田は「自分以外の人が同じ役を演じている姿、山口さんのお芝居を見てかなりプレッシャーもありましたし緊張もしましたが、美里という役を山口さんと共有できたことがうれしかったです」と話している。

 そして、レイプ犯で殺害された平山陽介役の赤楚は「平山の最初の印象は最低な奴だなと思ったのですが、次第に平山がただフォローやアフターケアがド下手くそな、本当に何も考えてない奴なのではと思い始めてからは、不思議と彼に人間味を感じることもできました。もちろん、彼がしたことは悪いことなんですけど」と役柄を分析。また、「今回自分の中ではいろいろ思い切って挑戦した役ですので、そこに注目していただきたいという思いはありますが、やはり物語のテーマや被害者の女性たちの気持ちの部分を見て、現代を生きる皆さんに何かを感じていただけたらと思います」と訴えている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.