News ニュース

「この恋あたためますか」Paraviオリジナルストーリー独占配信決定!2020/10/14

 Paraviでは、10月20日にスタートするTBS系連続ドラマ「この恋あたためますか」(火曜午後10:00)のオリジナルストーリー「その恋もう少しあたためますか」を独占配信する(地上波放送終了後に配信開始予定)。

 本編の「この恋あたためますか」は、コンビニエンスストア「ココエブリィ」のアルバイト店員・井上樹木(森七菜)と、会社から業界シェア最下位のコンビニチェーンの改革を託され、社長に就任した切れ者の浅羽拓実(中村倫也)が、「一番売れる」スイーツ開発をしながら、甘い恋を繰り広げる“スイーツ×ラブ”ストーリー。21歳の樹木は、無気力にアルバイトをする生活を送っていたが、ある日偶然、浅羽と出会う。ひょんなことからスイーツ開発をすることになるが、それぞれ歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで、立場を超えて対立。しかし、次第にお互いを意識し始める。

 本編の展開に注目が集まるが、今回配信されるParaviオリジナルストーリー「その恋もう少しあたためますか」の舞台は、樹木が勤める「ココエブリィ」。そこで働く仲間たちと常連の間で繰り広げられる恋物語を描く。

 主人公は、樹木のバイト仲間で親友であるスーこと李思涵(古川琴音)。スーは漫画家を目指し、中国から日本にやって来た彼女と、そのバイト仲間・碓井陸斗(一ノ瀬颯)、店長の上杉和也(飯塚悟志)、常連の石原ゆり子(佐野ひなこ)が織り成す四角関係を、「スーの漫画日記」の目線で展開する。全員一方通行の片思いの四角関係は、ゆり子の行動をきっかけに関係が大きく動きだす。

 古川は「本編と並行して、毎日わちゃわちゃと賑やかに撮影しております。甘かったり切なかったり、本編では見せないあんな顔やこんな顔をしています。『ココエブリィ』メンバーの魅力が最大限に詰まった物語となっているので、本編と合わせて楽しんでいただけたら」とメッセージを寄せる。

 また、一ノ瀬は「本編では描ききれない4 人の日常や恋愛が色濃く描かれていて、恋あたたまるすてきなお話です! 全員片思いの四角関係の行方を、ぜひ見届けていただければと思います!」とコメント。佐野は「片思いの彼に一目会うためにコンビニに通う健気でかわいらしい“謎の”常連を演じます。謎…?となる方もいらっしゃると思いますが、その疑問はParavi オリジナルストーリーを見ていただければ解決します!! 個性豊かなほっこりコンビニメンバーにお邪魔して、思わずくすっと笑えてしまう癒やしになるようなドラマをお届けできたらと思っています。石原ゆり子の恋路をぜひ見届けていただけたらうれしいです♡」と自身の役柄の見どころを語っている。

 「『その恋もう少しあたためますか』という、すごく『この恋あたためますか』のスピンオフらしいタイトルのドラマがParaviで始まります!」とアピールする飯塚は、「しかもこちらもどうやら四角関係らしく、その四角関係になぜか僕も奇跡的に入れてもらっています」と喜びを明かしている。

 なお、第1話には森の出演シーンも。樹木はスーとルームシェアをしており、2人の仲のいいやりとりを垣間見ることができる。今後も本編の登場人物が、オリジナルストーリーに出演するかもしれない。

 番組公式SNSやParavi公式Instagram(https://www.instagram.com/paravi.official/)では、随時写真や動画を更新する予定。劇中では中国語で書かれている「スーの漫画日記」は、Paravi公式サイト(https://www.paravi.jp)では日本語版の漫画日記として掲載される予定なので、こちらも要チェックだ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.