Feature 特集

「35歳の少女」“見た目は大人、頭脳は子ども”がどんな成長を見せるのか!?2020/10/17

 柴咲コウさん主演で、遊川和彦さんが脚本を手掛けるドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系)がスタートしました。柴咲さん演じる時岡望美は「見た目は大人、頭脳は子ども」という某超人気アニメの主人公と真逆の女性。10歳の頃に自転車で事故に遭い、以来長い眠りについたままでしたが、25年の時を経て目を覚ました、体は35歳、心は10歳という“少女”なのです。

 10歳の感覚のまま30代になってしまっているというビハインド…考えるだけでも恐ろしいですね。自分の体は得体のしれないものになっているし、10代と20代という、人格形成でも最も大きな時期といえる期間を過ごしていないですし…。25年も経てば、身の回りや世の中も大きく変更しています。ドラマではそれが、よくない方に変わっていますね。若くて奇麗だった母・多恵(鈴木保奈美)は白髪の老婆化…。大好きだった父・進次(田中哲司)は多恵と離婚して、さえないおじさんに…。妹・愛美(橋本愛)は多恵と不仲で毒っぽい性格に…。初恋の相手・広瀬結人(坂口健太郎)は“クズ野郎”に…。当然、望美もひどく動揺します。

 物語は、そんな状況から10歳の少女がどう成長していくのか、そしてそれが少女の周りにどのような影響を及ぼしていくのかが描かれていきます。第1話は全体的に重くて暗いトーンでした。特に、望美が目を覚ますことを信じて介護を続けてきた多恵。疲れ切ってすでに心が折れていたためか、狂気じみているように見えました。

 際立っていたのが、望美の“10歳の少女”ぶり。特に結人が教師エピソードを語っている時の輝く瞳と、結人が豹変して声を荒げた後の泣きじゃくり方はすさまじかったですね。さらに、その後、結人から「初恋だった」と告げられて喜ぶ表情。10歳の少女として完全に成り立っている…気がします(自分の周囲にその年代の子がいないので、実際の10歳の女の子がどんな表情を見せるのか想像の域を超えないのが心苦しいですが)。望美がどんな少女としての表情を見せてくれるのか、これからの展開が見逃せません。

 10月17日放送の第2話。望美は25年の月日が経っている現実を受け入れようとするも、なかなかうまくいきません。広告代理店で働く愛美は、元カレでもある上司・相沢秀男(細田善彦)が仕事のできない後輩・林田藤子(大友花恋)と付き合っていることにイライラを止められない状態。そして、恋人代行に依頼した結人にあきれられてしまいます。結人はというと、望美のことが気になっている様子です。

 一方、進次は多恵と離婚後に再婚した加奈(富田靖子)の連れ子の達也(竜星涼)が引きこもっていることに苦悩中。そして、望美にパパとしてのカッコよさを微塵も感じさせないようなふがいなさを見せてしまいます。

 望美も自分の事故が原因で家族がバラバラになっていることを気に病みます。そんな中、アナウンサーになることが夢だった望美は、事故前に撮りだめていたカセットテープの音源を聞き、あることを思いついて結人に連絡します。

 そんな第2話の予告動画(https://youtu.be/fMFvdlFxnAw)では、望美が25年前と同じように自転車に乗って下り坂を猛スピードで進んでいきますが…。一体どんな展開が待っているのでしょうか? 暗さを感じざるを得ない流れですが、望美もその周りも25年のとてつもなく長い眠りからせっかく目覚めたのですから、明るい未来が待っている…はずです!

【番組情報】

「35歳の少女」
日本テレビ系
土曜 午後10:00~10:54

日本テレビ担当  K・T

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.