News ニュース

橋本愛が「35歳の少女」で柴咲コウの“ぶっ飛んだ”妹に!「どんな心のやりとりが生まれるのか楽しみ」2020/08/21

 橋本愛が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「35歳の少女」(土曜午後10:00、開始日未定)に出演。柴咲コウ演じる主人公・今村望美の妹・時岡愛美役を演じることが分かった。

 橋本は、柴咲との共演について「自分より年下のお姉ちゃん。どんな心のやりとりが生まれるのか、楽しみです」と期待し、「遊川(和彦)さんの作品の真ん中にあるのは、前回の作品と変わらないなと思いました。信念とはそういうもの、素晴らしい景色をテレビの向こうに咲かせられるように頑張ります」と意気込んでいる。

 同ドラマは、同局の「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームが集結し、「〇〇妻」以来、5年ぶりに柴咲と脚本家の遊川氏がタッグを組むオリジナル作品。1995年。不慮の事故で突然長い眠りについた10歳の少女・望美が、その25年後の2020年に目を覚ます。心は10歳のまま、35歳となって目覚めた望美が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、“時を越えた”成長物語だ。望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口健太郎が演じる

 橋本演じる愛美は、望美の3歳違いの妹。大手広告代理店の営業部門で働き、一見、美人で仕事もできるしっかり者だが、外見とは裏腹のメンヘラ“かまってちゃん”タイプで、恋愛には不器用。姉の事故後、両親は離婚し、姓は母方の時岡となるなど、家族を取り巻く環境は激変した。次第に「自分は姉の代わりになれない」と自分の存在意義に苦しむようになり、姉の目覚めにも素直に喜べないでいる役どころだ。遊川脚本の連続ドラマには、同局の「同期のサクラ」以来2度目の出演。柴咲と同じ作品に参加するのは、2018年のドラマ「dele」(テレビ朝日系)以来2度目だが、同じシーンでの共演は初めてとなる。

 橋本は「35歳の少女、壊れた家族、それぞれの自責。一つの事実にいくつもの事実が発生し、正しさも美しさも隠れて、壊れたものは二度と元には戻らない。闇雲に継ぎ接いで、元の輪郭に整えたとしても、ひびを無視することはできない。でもきっと、粘り気の強い日々を積み重ねて、きらめきで覆ったら、いつか金継ぎの器のように、壊れたからこそ美しい、何かに変態できるかな。いたたまれないほど失い壊れゆく人生が無数に散らばる世の中で、再生の美を見せつけられたら」とメッセージを寄せている。

 大平太プロデューサーは「橋本愛さんとは、昨年『同期のサクラ』で初めてご一緒しましたが、お芝居に対する真摯(しんし)な姿勢に驚かされました。姉の事故により家族を奪われ、複雑な感情を秘めた難しい役ですが、遊川さんの描く愛美は、とてもぶっ飛んだ、ポップなキャラクターです。それを、橋本さんがどう受け止め、演じるかとても楽しみにしています。また、コウさんとの“姉妹競演”も注目しています」と期待を込めている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.