News ニュース

細田善彦が橋本愛の元カレ役で「35歳の少女」に出演!今カノ役は大友花恋2020/09/24

 柴咲コウ主演の、10月10日スタートする日本テレビ系連続ドラマ「35歳の少女」(土曜午後10:00)に、細田善彦と大友花恋が出演する。

 ドラマは、同局の「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームが集結し、「〇〇妻」以来、5年ぶりに柴咲と脚本家の遊川和彦氏がタッグを組むオリジナル作品。1995年、不慮の事故で突然長い眠りについた10歳の少女が、その25年後の2020年に目を覚ます。心は10歳のまま35歳となって目覚めた時岡望美(柴咲)が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、“時を超えた”成長物語だ。望美の初恋の相手・広瀬結人役を坂口健太郎、妹・時岡愛美役を橋本愛、父・今村進次役を田中哲司、母・時岡多恵役を鈴木保奈美が演じる。

 細田が演じるのは、橋本演じる愛美の元カレ・相沢秀男。愛美の勤める大手広告会社の営業部課長で、愛美の重い愛にうんざりし、愛美と別れたが、ストーカーまがいの行動で追い回されているという役どころ。そして、大友はそんな相沢の現在の恋人で、愛美の部下・林田藤子役。大手飲料メーカーの役員の父を持ち、父親のコネで入社。大切に甘やかされて育ったため、周囲がチヤホヤしてくれるのは当然だと思っている人物だ。

 遊川作品へは初参加となる細田は「遊川さんの作品は子どもの頃からたくさん見てきたのですが、実は、この作品のお話をいただく少し前にも、過去の作品をあらためて見直していたところでした。いつ見ても色あせることのない作品。その世界に参加させていただけることを非常にうれしく思っています」と心境を語り、「橋本さん、大友さんとご一緒するシーンが多いのですが、お二人のお力を借り、相沢というキャラクターを魅力的に演じ、物語の一部になれたらと思います」と意気込みを語る。

 大友は「1話の台本を読み、自分が自分らしく生きるためのエネルギーがうまく循環しないもどかしさを、登場人物全員から感じました。私が漠然と感じていたモヤモヤとした思いは、誰もが感じているものなのかもしれない。そしてこれから、そんな思いをこの作品がきっと明るく照らしてくれると、早速救われこの作品のファンになりました」と作品への思いを述べ、「藤子として、そんな作品の一部になれる喜びと責任をしっかりとかみ締めながら撮影に臨みます」と気合を入れている。

 大平太プロデューサーは「実は、お二人にお願いする『相沢』と『藤子』役が、最後の最後まで決まらなかったんです。出演シーンは少ないけど、物語にスパイスを効かせる重要な役なので、脚本の遊川さんにも、相当なこだわりがありました。だからこそ、粘りに粘ってお願いすることに決めたお二人には、自信を持って、思い切り演じてほしいです。子どもの頃に遊川作品に触れていたというお二人が、新たに“遊川ファミリー”の一員になってくれた奇跡に感謝しながら、一緒にファンキーなシーンを作っていけたらと思います」と期待を寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.