News ニュース

鈴木保奈美が「35歳の少女」で柴咲コウの母に!「まっさらな気持ちで」遊川和彦作品に初挑戦2020/09/10

 鈴木保奈美が、10月10日にスタートする日本テレビ系連続ドラマ「35歳の少女」(土曜午後10:00)に出演。主人公・今村望美(柴咲コウ)の母・時岡多恵役を演じることが分かった。

 ドラマは、同局の「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームが集結し、「〇〇妻」以来、5年ぶりに柴咲と脚本家の遊川和彦氏がタッグを組むオリジナル作品。1995年。不慮の事故で突然長い眠りについた10歳の少女・望美が、その25年後の2020年に目を覚ます。心は10歳のまま35歳となって目覚めた望美が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、“時を超えた”成長物語だ。望美の初恋の相手・広瀬結人役を坂口健太郎、妹・時岡愛美役を橋本愛、父・今村進次役を田中哲司が務める。

 今回、鈴木が演じる時岡多恵は、25年間、娘の意識が戻ることを信じ、見守り続けた母親という物語の軸となる役どころ。望美の事故後、進次と離婚し、人の娘を女手一つで育ててきた。望美の介護を続ける一方で、保険の外交員として働きづめ。家族の中心で、みんなに降り注いでいた笑顔は消え、頼れるのは自分だけになってしまった。「いつか、娘が目覚める」ことだけを信じて生きてきたが、その夢がかなった時、彼女の時計は別の方向に動き始めていく。

 遊川脚本作品には初出演となる鈴木は「大好きなドラマがいくつもある、遊川作品。お話をいただいた時は本当にうれしかったのです。が、見ると演(や)るとは大違い。大変です。自分を鍛え直す場を与えられたことに感謝して、まっさらな気持ちで挑みます」と気合十分。

 さらに「柴咲さんと共演させていただくのは初めてです。望美ちゃんは、こりゃまた大変な難役です。けれど疑いようもなく、柴咲さんは見事に演じ切られることでしょう。彼女のその過程を一番近くで見ることができるなんて、なんという幸せ。バラバラになってしまった家族がどう向き合い、どう再生していくのか。フィナーレを迎えるころ、役の上でも、キャスト、スタッフの皆さんとも、戦友のようになっていられたらいいな、と思います」とメッセージを寄せる。

 大平太プロデューサーは「25年間、愛する娘の生還を信じ、看病し続けた母親。保奈美さんにお願いするのは、信念の人・多恵です。25年前、僕は、まだドラマのAD(アシスタントディレクター)として、撮影現場で、叱られてばかりいました。一方、保奈美さんは、人気ドラマの主演女優として、テレビの中でキラキラ輝く憧れの方。初めてご一緒できるのは、とても光栄なことです」と出演を喜び、「ただ、多恵は、これまでの僕が持っていた保奈美さんのイメージとは違います。四半世紀の間、自分だけを信じ、たった1人で闘っているうちに、笑顔も、人に頼る心もなくした鉄のような女性。多恵が、もう一度、家族に囲まれて最高の笑顔を見せるシーンを、保奈美さんと一緒に作れる日を楽しみにしています」と期待を寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.