Feature 特集

「彼女が成仏できない理由」最終回。エーミンと玲の恋の行方は!? 謎の男の正体も明らかに!2020/10/17

 毎週土曜午後11:30から放送中のよるドラ「彼女が成仏できない理由」(NHK総合)。本作は、留学生のエーミン(森崎ウィン)と、彼の部屋に住み着いた幽霊・玲(高城れに)の共同生活を描くラブコメディーです。ミャンマー出身の森崎さんが、母国語で会話をするシーンが多く、印象に残る方も多いのではないでしょうか。今回は、最終回をより楽しむための注目ポイントを紹介します。

エーミンと玲の恋の行方は?

 第5回(10月10日放送)で、玲はちゃぶだいに憑り付いていたことが判明。エーミンはちゃぶだいを持ち歩き、玲とデートに行きました。訪れたのは、名古屋にあるミャンマー・パゴダ。パゴダとは、ミャンマーの仏塔です。そこで出会ったミャンマー人のおじいさんから「日曜日生まれ?」と当てられたエーミン。実は、ミャンマー人にとって“生まれた曜日”は大切で、占いや宗教目的などに使われるそうです。日本でいう星座占いや血液型占いといったところでしょうか。そしてなぜか、おじいさんには幽霊の玲が見えていて、彼女にも曜日を聞きましたが答えられず…。「金曜日ですかね?」とエーミンが答えると、おじいさんは「そうだといいね」と。日曜日生まれと金曜日生まれは相性がピッタリだそうです。玲を思うエーミンの気持ちが伝わってきましたね。留学生と幽霊、果たして2人の恋は実るのでしょうか?

謎の男・佐古勇蔵の正体は?

 エーミンの周りに現れる、神出鬼没で謎の男。毎回登場しますが、いまだに正体は分かっていません。第4回(10月3日放送)で、佐古勇蔵(古舘寛治)は実験室のような場所にいました。壁には化学式でしょうか…。なぜか玲の写真も貼ってありました。そして第5回では、ついにエーミンと接触! 河川敷で4コマ漫画を描いている彼に、佐古は「それだと“起承承承”だね」と話しかけました。すると「いつも“転”が来ないんです」と悩みを打ち明けるエーミン。「それは“転”が来るのが怖いんじゃない? ずっとこんな毎日が続けばいいのにって願っているんじゃない?」と深い言葉をかけました。自分の気持ちを当てられたエーミンは、どうして分かるのか尋ねると、「僕がそうだから」と寂しそうに答えた佐古。意味深長なやり取りが繰り広げられました。2人の恋を応援しているのでしょうか。さらに、エーミンと玲がデートをした帰り、商店街で佐古とすれ違った玲は「全部思い出しちゃった…」と寂しげな表情に。続きが気になるところで、第5回が終了してしまったので、最終回が待ち遠しいですね。一体、佐古は何者なのでしょうか?

エーミンの家の室温

 エーミンの部屋は寒くて有名です。幽霊がいるから寒いのだと思っていましたが、どうやら違うようで…。同じアパートに住むフランシスコ(ROY)から「おまえの部屋の寒さは異常だぞ! 冷房じゃない! 冷却だ!」と言われていました。部屋にある温度計の表記も回を増すごとに低下していて、夏なのに、はんてんを着たエーミンは身震いが止まらず…。幽霊を成仏したら治まるのでしょうか。

10月17日放送・最終回あらすじ

 漫画賞の応募に向けて頑張るエーミンは、過労で倒れてしまいます。そのことを知った玲は、自分が近くにいるとエーミンを駄目にしてしまうと思い、身を引く決意を。エーミンが退院して家に帰ると、玲はいなくなっていました。隣人の小学生・川本絵里奈(白鳥玉季)から受け取った手紙には、玲の思いがつづられていて…。エーミンは手紙を頼りに、玲の居場所を突き止めます。しかし、そこには思いがけない事実が!

 2人の恋はどうなってしまうのでしょうか。そして、謎の男・佐古の正体とは? 「彼女が成仏できない理由」も明らかに!? 波乱の最終回をお見逃しなく!

【番組情報】

よるドラ「彼女が成仏できない理由」(最終回)
NHK総合 
土曜 午後11:30~深夜0:00

NHK担当 M・I

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.