Feature 特集

亀梨和也が天才弁護士を演じる「正義の天秤」【制作統括 独占インタビュー!VOL.2】――恋人・久美子に対する鷹野の表情に注目!2021/10/01

 亀梨和也さん主演の土曜ドラマ「正義の天秤」(NHK総合)がついに始まりましたね! TVガイドwebでは、5週にわたり制作統括・真鍋斎さんから各回の注目ポイントを伺っていますが、TVガイドwebの姉妹ブランドである「みんなドラマ」(https://mindra.jp/navigators/post/52)では、真鍋さんのアフタートークを5週連続でお届けしています。スーパーボールの秘密や撮影時のエピソードなどをご紹介していますので、未読の方はぜひご覧ください!

 宣伝はさておき、第1話(9月25日放送)を少し振り返りましょう。佐伯芽依(奈緒)に招へいされた鷹野和也(亀梨和也)が師団坂法律事務所で最初に担当したのは、釣りボート店の店員・保坂修(筧利夫)が大手飲食店グループの社長・倉橋龍一郎(宮田博一)を溺死させた事件。殺人を疑う鷹野は、杉村徹平(北山宏光)が手に入れた無罪にできる証拠を見ても主張を変えずに裁判が始まりました。そこで鷹野は倉橋の会社に就職した保坂の息子が過労自殺をした事実を語り、それをきっかけに保坂が事件の詳細を告白、鷹野の言う弁護という名の‟治療“が行われたわけです。

――第1話は物語が速いテンポで進んでいって、50分があっという間に終わってしまいました! 普段はクールな鷹野が被告人に熱い思いを伝える弁護もあり見どころ満載でしたが、視聴者からの反響を受けていかがでしょうか?

「とても多くの反響をいただいています。亀梨さんをはじめキャストのキャラクターが魅力的だというご意見が多いです。テンポが良くて格好いいというご意見も。土曜のゴールデンタイムは強力な番組が多い中で、Twitterトレンドで3位を獲得するなど、土曜ドラマとしてはいつも以上に手応えを感じています」

――第1話の終わりで鷹野の恋人・雨宮久美子(大島優子)が、どうやら生きてはいるけれども心ここにあらずといった状態で施設にいることが判明しましたね。その時の鷹野の表情がとても優しい顔だったのが印象的でした。

「そうですね。鷹野の抱えている過去が垣間見えた場面です。鷹野は、久美子には『ルーム1』のメンバーとは違う表情を見せます。鷹野のような人物が、心を許している人間に対してどんな表情をするのか。どれくらい柔らかい表情を見せるのかを、亀梨さんとも相談してお芝居を作り上げました。一見クールで変わり者の鷹野と、人間らしい鷹野。亀梨さんは、いろいろな面を持つ人物を矛盾なくバランスよく演じ分けることに気を付けて考えておられましたね」

 そして、10月2日放送・第2話では、6年前の傷害事件で評議を下した裁判員を、被告人が逆恨みして殺害するという事件が起きます。容疑者・楠田隼人(笠松将)が山内愛理沙(森迫永依)を殺害した理由は彼女のブログでした。普段はスイーツの記事をアップしていた彼女が、最後の更新日のみ、6年前の裁判の評議内容に触れていたのです。当初は、山内が裁判員としての守秘義務違反を犯した末に起きた悲劇だと思われていましたが、鷹野らの調査によってさまざまなことが判明していくのです。

――裁判員の女性がブログに評議内容を書いたことで殺人事件が発生し、鷹野は容疑者の男を弁護することになりますが、どんな裁判になるのでしょうか?

「真実を追求し、“治療”をするという本質は変わりません。第2話も鷹野がどんな弁護をするのか、そして鷹野や『ルーム1』のメンバーをはじめとするさまざまなキャラクターを楽しんでもらえればと思っています」

――ありがとうございました。どんな映像になっているか楽しみです!

 ドラマ放送後には、先週に引き続き、無料会員制コミュニティーサイト「みんなドラマ」(https://mindra.jp/episodes/seigi)で制作統括・真鍋さんのアフタートークも公開しますので、そちらもお見逃しなく!

【プロフィール】

真鍋斎(まなべ いつき)
1991年、NHK入局。これまで大河ドラマ「龍馬伝」(NHK総合ほか)や「立花登青春手控え」(NHK BSプレミアム)で演出を手掛けた他、「大岡越前」(NHK BSプレミアム)や連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)で制作統括を担当。現在は、土曜ドラマ「正義の天秤」の制作統括を務めている。

【番組情報】

土曜ドラマ「正義の天秤」(全5回)
NHK総合 
土曜 午後9:00~9:49

NHK担当 K・H

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.