News ニュース

キスマイ・北山宏光が弁護士役でNHKドラマ初出演。「正義の天秤」で亀梨和也と共演2021/08/07

 Kis-My-Ft2の北山宏光が、KAT-TUNの亀梨和也が主演を務め、NHK総合で9月25日にスタートする連続ドラマ「正義の天秤」(土曜午後9:00)に出演することが分かった。そのほか、奈緒、大政絢、佐戸井けん太も共演する。

 ドラマは、大門剛明氏の同名小説が原作。医師から転職した天才弁護士・鷹野和也(亀梨)が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながら、戦力外チームを率いて数々の難事件の真相を調査。事件に関わる人々の魂を救っていく本格法廷ミステリーだ。今回発表されたのは、鷹野が立て直しのために招へいされた師団坂法律事務所の刑事部門「ルーム1」で、鷹野とチームを組む面々。

北山が演じるのは、元ニートでコンプレックスの塊だが、運と要領の良さが取り柄の弁護士・杉村徹平。人生の一発逆転を狙って猛勉強し、弁護士資格を取得した人物で、アニメやゲームが好きないわゆるオタク気質。誰にも会わず1人で孤独に過ごした経験から、人の心の隙間にふっと入り込むことができ、人のことを親身に考えられる優しい性格だ。鷹野の存在に感化され、自身の“正義”を追い求め、奔走(ほんそう)していく。

 北山は「初めてNHKにドラマという形でお世話になります。お話をいただいた時はとてもうれしかったですし、今の自分にできることを全力で取り組みたいと思いました。また、同い年ということもあって亀梨くんとも一緒にやれることはとてもワクワクします。杉村徹平がどのように変化していくか、成長していくか、ぜひご覧ください」とメッセージを寄せている。

 また、奈緒は鷹野を呼んだ創業者の娘で、真っすぐで天真らんまんな新米弁護士・佐伯芽依役を務める。最初は鷹野に振り回されてばかりだったが、徐々にコンビネーションを発揮し始め、鷹野にツッコミを入れられる存在になっていく役どころだ。

 奈緒は「初めて弁護士という役をいただき、その響きにギュッと肩に力が入りましたが、信頼する座長・亀梨さんをはじめ個性豊かでかっこいい『ルーム1』の先輩方とお会いして、安心して芽依と共に正義と向き合えると思いました」と共演者について触れ、「『正義とは何か?』私自身、自分に投げかけ続ける問いだと思います。鷹野さんに振り回され救われる土曜日、きっと皆さまにも楽しんでいただけると思います」とアピールしている。

 さらに、元裁判官のエリート弁護士で、姉御肌の面もある容姿端麗で頭脳明晰(めいせき)な桐生実雪に大政、元刑事で妻に先立たれ娘にも逃げられた苦労人で人情派の弁護士・梅津清十郎に佐戸井が扮(ふん)する。

 大政は「それぞれの個性が集まった『ルーム1』。弁護士ならではの専門用語をぶつけ合いながらお芝居をすることも多いので、知識を吸収しながら、どんな撮影現場になるのかすごく楽しみです」と期待し、「一人一人の個性を生かし、鷹野を中心に事件と向き合います。『正義とは何か』を軸に、最後にたどり着く場所はどこなのか、ハラハラドキドキしながら見守っていただけるとうれしいです」と呼び掛ける。

 そして、佐戸井は「『元刑事の弁護士』考えただけでワクワクしますね。そもそも何故弁護士になったのだろう。警察は辞めたのか? 免職か? 定年まで全うしたのか? しかも、娘は行方知れず。謎が多すぎる。とにかく一筋縄では行かない人物とお見受けしました。さて、どう演じましょうか? 頼りになるスタッフさんと、すてきな共演者におすがりしましょう!」と撮影を心待ちにしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.