News ニュース

亀梨和也が医師から転職した天才弁護士に!本格法廷ミステリー「正義の天秤」でNHKドラマ初出演2021/07/27

 KAT-TUNの亀梨和也が、NHK総合で9月25日スタートの連続ドラマ「正義の天秤」(土曜午後9:00)で、主演を務めることが分かった。

 ドラマは、大門剛明氏の同名小説が原作。医師から転職した天才弁護士が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながら、戦力外チームを率いて数々の難事件の真相を調査。事件に関わる人々の魂を救う本格法廷ミステリーだ。

 亀梨が演じるのは、元外科医の肩書を持つ弁護士・鷹野和也。徹底した合理主義者で、天才的な思考力と推理力を持っている人物だ。名門・師団坂法律事務所創業者のカリスマ弁護士が急逝し、立て直しのために招へいされた鷹野が、刑事部門を担当する「ルーム1」で、鷹野を呼んだ創業者の娘の新米弁護士、元ニートで運と要領の良さだけがとりえの弁護士、元判事のエリートでプライドが高い女性弁護士、元刑事の人情派弁護士とチームを結成。鋭い洞察力と調査への集中力、他の追随を許さない思考力で次々に難事件を解決する鷹野を中心に、次第にチームの結束を強めていく中、自身の過去にまつわる、ある重大な事件の弁護へと臨むことになる。

 NHKドラマに初出演となる亀梨は「本当の正義とは、弁護士、弁護とは? 元医者の弁護士、なかなかレアなキャラクターですが、原作からいただく人物像と、監督はじめ、スタッフ、キャストの皆さんと作り上げていく、少し(?)特徴的なドラマならではのキャラクター像を楽しみ、ワクワクしながら、主人公の鷹野が抱える核を大切に作り上げていければと思っています。これから出会う『ルーム1』の仲間たちと共に追い求める鷹野和也の弁護、治療をぜひご覧ください」と意気込みを語っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.