News ニュース

爆笑問題の司会で「ツギクル芸人グランプリ2021」開催!民放5局の人気番組を手掛ける現役売れっ子クリエーターたちが審査2021/07/27

 フジテレビでは9月18日に、「M-1グランプリ」「キングオブコント」につながる「ツギクル芸人グランプリ2021」(午後3:30、関東ローカル)を放送。MCを爆笑問題(太田光、田中裕二)が務める。

 「ツギクル芸人グランプリ」は、漫才・ピン芸・コントなどジャンルを問わず、今後の芸能界を担うであろう次世代のスター芸人、すなわち“ツギクル芸人”を発掘するために日本音楽事業者協会とフジテレビがタッグを組んで開催する、年に一度のお笑いコンテスト第2弾。芸能プロダクション約110社が加盟する日本音楽事業者協会に所属する約2000組以上のお笑い芸人の中から、選ばれし芸人たちがそれぞれの笑いの才能をぶつけ合う。

 地上波のゴールデン・プライム帯の番組レギュラーを持っていない芸人、つまりテレビにほぼ出演したことのない超若手から中堅実力派まで、約2000組以上の芸人の中から、各芸能プロダクションが「次世代のスター芸人だ!」と社を挙げて厳選した72組の芸人が予選大会に進んだ。

 その中から、厳しい予選大会を勝ち抜き決勝大会に進出できる芸人は、わずか15組。今回の予選大会は、本日7月27日午前6:00~8月15日深夜0:00まで、参加芸人72本のネタのVTRがGYAO!で一斉配信(https://yahoo.jp/lirBUM)。その再生回数は“一般視聴者の審査点”として得点化され予選審査得点に加点される。

 「ツギクル芸人グランプリ」がほかのお笑い賞レースと大きく違う点は、審査員として民放各局(在京キー局5局)の人気番組を手掛ける現役売れっ子クリエーターたちが参加すること。現場で番組制作に携わるプロたちの厳しい目で審査が行われる。

 田中は「今、第7世代が活躍している中で、“次こそは”という人たちを決める大会はいいと思います。お笑いが好きな方たちは新しい芸人さんたちが好きですから。新しい人たちが出てくることでお笑い界全体が盛り上がると思いますので、非常に興味があります。すでに人気のある人たちはもちろん、全く知らない人たちもいるでしょうからとても楽しみです」と期待を寄せる。

 一方、太田は「私がやるからにはうちの事務所の芸人が有利になる司会進行を。われわれが番組を取りに行く! 特にCX(フジテレビ)と日テレを狙っていきたい」とボケつつ、「今までとは違う賞レースになると思います。われわれと出場芸人、どちらが面白いかの勝負、どっちが笑いを取るか。絶対に負けません!」と笑いへのどん欲さをのぞかせた。

 また、民放各局のクリエイーターが審査員を務めるということで、田中は「昔あった『スター誕生!』(日本テレビ系)じゃないけど、実際に番組出演に結びつくかもしれないところが面白い。芸人さんにとってもいいことだと思います」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.