News ニュース

亀梨和也主演「正義の天秤」がスタート。「いわゆる法廷ドラマではない、今までにない作品をお届けできる」2021/09/23

 NHK総合で9月25日にスタートする、連続ドラマ「正義の天秤」(土曜午後9:00)の放送スタートを前に、主演を務めるKAT-TUN・亀梨和也がコメントを寄せた。 

 ドラマは、大門剛明氏の同名小説が原作。医師から転職した天才弁護士・鷹野和也(亀梨)が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながら、戦力外チームを率いて数々の難事件の真相を調査。事件に関わる人々の魂を救っていく本格法廷ミステリーだ。亀梨とチームを組む「ルーム1」のメンバー役で、Kis-My-Ft2の北山宏光、奈緒、大政絢、佐戸井けん太が共演する。

  亀梨は「演じる鷹野和也は切れ者で、元外科医の弁護士。自分とかけ離れた役を演じることに最初は不安もありましたが、いざ撮影が始まってみると違和感なく役に入ることができました。役名も和也でご縁を感じますし、野球好きという点も共通しているからかもしれません」と役柄への愛着をにじませる。

 そして「鷹野は“常識的”な弁護や、表面的な解決はしません。その奥底には、鷹野という人間の魂があります。真実と向き合い、どうすれば弁護・治療ができるのか、自分なりの答えを出していく。いわゆる法廷ドラマではない、今までにない作品をお届けできると思います」と自信を見せている。

 第1話では、元外科医で徹底した合理主義者であり、天才的な思考力と推理力を持つ弁護士・鷹野が、名門・師団坂法律事務所に招へいされるところから展開。師団坂法律事務所創業者でカリスマ弁護士・佐伯真樹夫(中村雅俊)が急逝したため、同じく弁護士の娘・佐伯芽依(奈緒)が立て直しのために、呼び寄せたのだ。

 鷹野が最初に担当するのは、釣りボート店でアルバイトをしていた被告人・保坂修(筧利夫)が、釣り客で大手飲食グループの社長・倉橋龍一郎(宮田博一)を溺死させた疑いで起訴された事件。通常なら“緊急避難”が適応され無罪にできる案件だが、鷹野は殺人の線を疑う。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.