News ニュース

「24時間テレビ43」“チームQ”ランナー1人目・土屋太鳳が登場! 憧れの高橋尚子と「募金ラン」に挑戦2020/08/22

 日本テレビ系では「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)を生放送。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。“コントの神様”と呼ばれ、日本中に愛されたコメディアン・志村けんさんの知られざる素顔をドキュメントやドラマ、そして彼が愛した音楽を通して描いていくスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」や、フィギュアスケートの羽生結弦選手がコロナ禍で“動いたこと”を明かしていくリモートインタビュー企画など、テーマに沿って2日間にわたって届けていく。

 高橋尚子が企画した「募金ラン」では、彼女の呼び掛けで集まった“チームQ”のランナーの1人目で、土屋太鳳が登場。小学校、中学校と陸上をしていたという土屋は高橋を尊敬しており、「まさか憧れの高橋さんと走れるとは思っていなかった。募金ランなので楽しく、チームメンバーとして頑張りたい」と意気込み、ちょうど目の前に走ってきた高橋とハイタッチをして笑顔でスタートした。

 土屋が走る理由は、自身が主演したドラマ「チア☆ダン」(TBS系)で体のサポートをしてくれたマッサージ師・吉本充伸さんとの別れだという。当時を振り返り「信じられないし、悔しい。たくさんの人を救っていたから」と語る土屋。もどかしい日々を過ごしていた時、尊敬する高橋からメッセージがあり、「何をすべきかが明確になった。吉本先生が支えてくれた気持ちも込めて、今回走ることで、目が見えない方も安全に歩ける街づくりをしてほしい」と決意を語った。

 距離を取って話しながら走る高橋と土屋の様子が映し出され、広末涼子は「女優はカメラや台本がないと何もできないと思うことが多くて、こういう機会をいただいて太鳳ちゃんもうれしいと思うし、私もうれしい」とエールを送った。5kmのコースを1周走るごとに10万円が募金され、“チームQ”のランナー5人は合計110kmをリレー形式でつなぐ。有名キャスター、高橋の大親友、金メダリスト2人というヒントが出されているが、後に発表される残りのランナーにも注目だ。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.