News ニュース

「24時間テレビ43」高橋尚子が“募金ラン”で快走! 目指すのは「募金のその先の笑顔」2020/08/22

 日本テレビ系では「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)を生放送。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。“コントの神様”と呼ばれ、日本中に愛されたコメディアン・志村けんさんの知られざる素顔をドキュメントやドラマ、そして彼が愛した音楽を通して描いていくスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」や、フィギュアスケートの羽生結弦選手がコロナ禍で“動いたこと”を明かしていくリモートインタビュー企画など、テーマに沿って2日間にわたって届けていく。

 今年は番組の風物詩でもある「チャリティーマラソン」を中止し、例年とは形式を変えた“ラン企画”である「募金ラン」を実施。メインパーソナリティーのキャプテンを務めるV6・井ノ原快彦がスターターを務め、高橋は笑顔で走り出した。

 高橋は「募金ラン」を通して、「募金のその先、笑顔につながるといいなという思いです。視聴者の方が前向きになったり、相手のことを思ったり、募金も広がっていって、10、100、1000と思いが広がっていくといいなと思います」とスタート前に心境を語った。午後8:30時点で高橋はすでに15km以上を走り、30万円の募金を集めている。

 1周5kmのコースで10万円が募金できる仕組みの同企画。高橋はより多くの募金を目指し、番組終了まで単独で走り続ける。彼女の呼びかけで集まった“チームQ”のメンバーも、まず最初に土屋太鳳が登場。スタートを切った。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.