News ニュース

「24時間テレビ43」“イッテQ!”女性芸人が実力派の子どもたちとリモートリコーダー合奏に挑戦!2020/08/22

 日本テレビ系では「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)を生放送。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。“コントの神様”と呼ばれ、日本中に愛されたコメディアン・志村けんさんの知られざる素顔をドキュメントやドラマ、そして彼が愛した音楽を通して描いていくスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」や、フィギュアスケートの羽生結弦選手がコロナ禍で“動いたこと”を明かしていくリモートインタビュー企画など、テーマに沿って2日間にわたって届けていく。

 いとうあさこ、椿鬼奴、ガンバレルーヤら同系の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」に出演する女性お笑い芸人が登場。外出自粛期間中に番組で行われたリモートリコーダー合奏に、再び挑戦した。

 今回は、日本各地の子どもたちと両国国技館にいる「イッテQ!」チームをリモートでつないでの合奏。参加したのは、全国大会への出場が決まっていたもののコロナ禍で中止になり、やりきれない思いを抱いていた三重県鈴鹿市の桜島小学校リコーダークラブや、新潟県佐渡市の中学校3校による合同チーム。さらに、全国トップレベルの実力を持つ北海道在住の北野温也くん、暖奈ちゃん、寧菜ちゃんの3きょうだいも加わった陣容だ。実力者ぞろいの子どもたちに対し、「イッテQ!」チームは以前覚えたことを忘れて完全に初心者状態だったが、時間のない中で猛特訓。また、リモートでのお楽しみ会で子どもたちとの親交を深め、息を合わせるための工夫も凝らして本番を迎えた。

 本番では、総勢34人、全20パートでの合奏で「ホール・ニュー・ワールド」「エレクトリカルパレード」「アンダー・ザ・シー」のディズニーメドレーを披露。途中、総合司会を務める羽鳥慎一がソロ演奏するサプライズも。井ノ原らメインパーソナリティーからも絶賛の声が上がるなど、見事成功となり、参加した子どもたちからも笑顔がこぼれた。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.