News ニュース

ミュージカル界の歌姫・濱田めぐみが「親バカ青春白書」でテレビドラマ初出演!「イメージはサザエさん」2020/07/07

 ムロツヨシが主演する、8月2日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「親バカ青春白書」(日曜午後10:30)に、ミュージカル、演劇界で活躍する濱田めぐみが出演することが分かった。濱田がテレビドラマに出演するのは初となる。濱田は「お話をいただいた時は驚いたのと同時にすごくうれしかったです。テレビドラマ出演は、初めての経験になりますので、先ずは皆さまのお邪魔にならないように、そして自身でも楽しみたいです」と意気込んでいる。

 ドラマは同系の「今日から俺は‼」制作チームの最新作で、娘を溺愛するあまり、娘と同じ大学に入学した親バカでシングルファーザーのガタローこと小比賀太郎(ムロ)と、父と同級生になった娘・さくら(永野芽郁)が、大学生活を送る中で絆を深めていく家族の愛の物語だ。小比賀親子の同級生役で、中川大志、今田美桜、ガタローの亡き妻・幸子役で新垣結衣も出演する。

 今回、濱田が演じるのは、小比賀家の隣りのおばちゃん、通称・前田のおばちゃん。ガタローとさくらを自分の家族のようにいつも気にかけており、さくらにとっては、よき相談相手でもある。2人の面倒をとてもよく見る、一言多いのがたまにキズの世話焼きのおばさんだ。テレビドラマデビューが、前田のおばさん役という非常に衝撃的な配役となっている。

 濱田は、これまで福田監督作品の映画や舞台にも出演経験はなく、今回が福田組デビューとなる。劇団四季に所属していた時代から、福田監督が彼女の大ファンだったこともあり、このたびの出演が決定。日本が誇るミュージカルの歌姫が演じる、ちょっとおせっかいなお隣の前田のおばちゃんは、果たしてどんなキャラクターになるのか。前田のおばちゃんの歌声を聞けるチャンスはあるのか? 注目ポイントとなりそうだ。

 おばちゃん役での配役について「私が一番衝撃を受けました!」と驚いている濱田だが、「今まで舞台を主戦場としてきた上に、しかも役的には硬質であったりエキセントリックであったり、悲劇的、情熱的でといったタイプでした。でも今回は福田監督が私の性格がこちら側だとご存じだからの奇跡だと思われます」と笑う。

 また、「役作りでは、サザエさんをイメージしています。明るくて天然でサッパリしてて、でも一番はガタロー親子を心から応援しているよき理解者かな」と語り、ムロと永野については「ムロさんは舞台も拝見させていただきましたし、素晴らしい役者さんだと思います。永野さんもその場に居るだけでキラッと光る物があって才能の塊ですよね。ご一緒させていただけてすごく光栄です!」と共演の喜びを伝える。そして「実際にこんな親子が周りにいたら、気になりますよね、ホントに(笑)。でもガタローちゃんの家族を大切にする気持ちが、周りにまで笑いと温かさを振りまいていて。前田のおばちゃんみたいに、私も毎日顔出しちゃうと思います」と役柄に共感している。

 また、現在撮影に励んでいる福田監督は「もともと、ムロくんの親バカというコンセプトはやりたい題材でした。それをムロツヨシのゴールデン・プライム帯初主演ドラマでやれることはとてもうれしいことです。常連の人、初めての方、久しぶりの方、さまざまなキャストに囲まれて刺激的な毎日を送っております。こんな大学生のトキメキものを自分が撮ってるなんていまだに信じられませんが、ムロくんと共に楽しんでやっていきます」と、充実ぶりを話している。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.