News ニュース

唐沢寿明が日本版“ジャック・バウアー”に!俳優生命を懸けて「24」に挑む2020/03/24

 テレビ朝日系では、10月から唐沢寿明主演による、開局60周年記念の連続ドラマ「24 JAPAN」(開始日時未定)がスタートすることが分かった。

 同ドラマは、2001年に放送開始されたアメリカのドラマ「24」の日本版リメーク作品。原作は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)捜査官のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描き、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描く革新的なスタイルとスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒し、世界的大ヒットを記録したシリーズ。

 同局が「20世紀FOX」社と組んで制作する、初の日本版リメーク版は、“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を描くという内容で、唐沢が“日本版ジャック・バウアー”のCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどうげんば)を熱演する。

 オリジナル版の大ファンだという唐沢は「『24』は何十回も見ていた作品。当時はジャック・バウアーの同僚、トニー・アルメイダが好きで、自分の携帯電話もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話には『アルメイダ』と名乗って出ていたんですよ(笑)。まさか自分が日本版ジャック・バウアーをやるとは…と、ずいぶん驚きましたね」と明かし、「日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたい」と気合十分。さらに「急にアクションシーンが来てもけがをしないよう、護身術を混ぜた結構ハードなトレーニングもして備えています」と撮影に向けての準備も万全とのこと。

 そんな唐沢が、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして、誘拐された家族を取り戻すために必死で戦う主人公を体現。“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も織り交ぜながら、最大スケールで展開する“日本初のリアルタイムサスペンス”を渾身(こんしん)の演技で盛り上げる。

 これまでにもさまざまな名作のリメーク版で主人公を演じている唐沢は「リメーク作品をやると発表されるたびに、いつもさまざまな意見をいただきます。『白い巨塔』の時も、『唐沢にできるわけないだろ!』って最初は言われましたから(笑)」と、過去の逆風スタートを振り返った。

 今回、世界的超大作「24」に挑むことになり、「僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない?(笑)。どの作品も毎回そうですけど、今回も俳優生命を懸けて取り組みます! 自分より下の世代の子たちが今後、海外作品のリメーク版にもバンバン挑戦できる環境を整えるためにも、先陣を切る役目は僕が買って出ますよ」と熱い思いを口にし、「とにかく、まずは『24 JAPAN』を見てください。そこで、もし『日本人のみんなも頑張ってるね』と思っていただけたら、逆に応援してほしいんです。視聴者の皆さんとも一緒に『24 JAPAN』を作りたい…そう考えていますので、意見もどんどん出していただきたいと思います」と真摯(しんし)に呼びかけ、アピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.