Feature 特集

【「ハラスメントゲーム」対談連載/第3回】古川雄輝も爆笑!! 唐沢寿明が推測する矢澤の裏の顔とは!? 「クールな彼は、ずっと○○の練習をしている」2018/11/16

 飄々としたコンプライアンス室長の秋津渉(唐沢寿明)が、斬新な考え方で問題を解決していくさまが面白い 「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系)。11月12日放送の第5話では、年下の部下に片思いをするも、セクハラ、パワハラを恐れアプローチができなかった結城三郎(八嶋智人)に告白させるべく、強引に、時に優しく応援する秋津の姿が印象的でした。 「頑張れ」という言葉でさえも言い方によってはハラスメントになってしまうこの時代ですが、秋津の心からの「頑張れ!」には元気づけられた視聴者の方も多いのではないでしょうか?

「ハラスメントゲーム」対談連載第3回目は、そんな秋津を演じる唐沢さんと、共に問題に立ち向かう弁護士・矢澤光太郎を演じる古川雄輝さんに、役づくりについてお伺いしました!(唐沢さん&古川さんのサイン入りポラプレゼントも実施中。詳しくは【プレゼント】欄をご覧ください)

──それぞれ演じるにあたってどのような役づくりをされましたか? 秋津は、人に訴えかける時に表情や雰囲気がガラッと変わる印象が強いのですが、意識した点やこだわられた点などあれば教えてください。

唐沢 「西浦正記監督のアイデアに沿って演じている部分が大きいかな。結構細かく『今回はこういうふうにしたいと思います』と言ってくれるから、基本的には『じゃあそれでやってみるよ』と演じてます。そういう良い監督に出会うのは俺らにとって大事なことなんだよね。他の作品では『お好きに演じてください』と言われることも多いけど、それだとやっぱり誰も成長しないと思う。ちゃんと役作りして、演技しているところを視聴者の皆さんに見てもらいたいじゃない? 俺はもう55歳だけど、若い時に出会いたかったよね(笑)」

──絶賛ですね! 古川さんが演じる矢澤は、全体的に素直になれなくて強気なイメージが強いのですが、どういうところを意識されたのでしょうか?

古川 「初めて台本をいただいた時に一番気になったのは、パワハラについて説明するシーンで、セリフに対して“流暢に”と指定して書いてあったところです。1度やると今後同じシチュエーションでは同じように演じるべきだと思うので、そういう指定があった時にはペラペラ言えるようにしています。なので、普通のしゃべり方に比べて、句点とかも省いてわざと早口にしているかな。もう一つは、『無礼な!』というセリフが出てきたので、この言葉を言う人間性についてずっと考えていました。『無礼な!と言えるぐらいの人じゃないといけない、どうしよう』と最初は悩みながらやっていました」

──なかなか日常生活で「無礼な!」と言わないですもんね(笑)。

古川 「そうなんですよ!」

唐沢 「父親の影響が強いんだよね(笑)。子どもの時から言われているから」

──それがすらっと出てきてしまう人間性とはどういう人なのかという…。

古川 「そうですね。最初はすごく悩んだんですけど、それこそ西浦監督からアドバイスをいただきながら矢澤のキャラクターを作っていきました。第1話で秋津の名刺を潰すシーンがあったじゃないですか? あれは本当は台本になかったんですよ! 西浦監督との話し合いの中で、その演出があった方が最後に矢澤というキャラクターに含みを持たせられて、秋津を認めたということも分かりやすく伝えらえるかなということになって。そういうすてきなシーンも加えてくださるんです」

唐沢 「だから、今後は早口でずっとしゃべらないといけないっていうけど、矢澤のプライベートのシーンをつくってさ、朝起きたらずっと早口の練習をしているっていう場面を…(笑)」

古川 「(爆笑)それはやばいですね!(笑)」

唐沢 「『こいつやっぱり練習してたんだな』って(笑)。 『一生懸命練習して、かまないようにやってたんだな』って視聴者に愛されるよ! そういうふうに追い込んでいかないと、キャラクターって膨らんでいかないから」

古川 「実際、僕はそんな生活してます! 矢澤のセリフを、流暢(りゅうちょう)に、かまないように日々ずっと…(笑)」

唐沢 「そりゃそうだよな(笑)。実際の弁護士だって、現場に行ってしょっちゅうかんでたらダメだもんね」

 お二人とも西浦監督と綿密に話し合いながら役づくりをされていることが分かりました。それにしても、あんなにクールな矢澤が家では一生懸命早口の練習をしていたとしたら…だいぶ見方が変わってきますね(笑)。皆さん、改めて流暢に話す矢澤に注目してみてください!

 11月19日放送の第6話では、ついに水谷逸郎(佐野史郎)をパワハラで訴える決意をした秋津。しかし、高村真琴(広瀬アリス)らの聴取に対し、水谷は事実を認めません。そんな中、コンプライアンス室に人事の小泉光一(石井正則)が訪ねてきます。リストラに応じない職員をリスハラ(リストラハラスメント)にならずに退職させる指導をしてほしいとのことで、特に元上司である浅村裕也(杉本哲太)への通告に悩む小泉。一方、矢澤は秋津の一連の行動に何か思惑があるのではと疑い始め…。それぞれの立場で、いろいろな動きがありそうです。果たして秋津の思惑とは何なのか、お楽しみに!

テレビ東京担当 Y・O 
撮影/蓮尾美智子

【番組情報】

ドラマBiz「ハラスメントゲーム」 
テレビ東京系 
月曜 午後10:00~10:54

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.