Feature 特集

一人、また一人失われていく仲間…「君と世界が終わる日に」第2話プレーバック2021/01/30

 通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%の“生ける屍”に占拠された世界を生き抜く、竹内涼真さん主演のサバイバルラブストーリー「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系)。1月24日放送の第2話では、極限状態における苦渋の選択、そして悲しい別れがありました。

 失われた2人の仲間…。第2話では、化け物にかまれた宇和島雅臣(笹野高史)と、自衛隊の横須賀駐屯地を目前に銃撃を受けた本郷大樹(大谷亮平)が命を落としました。彼らの死は、今後の物語にどのような影響をもたらすのでしょうか。

 第2話で最も印象的だったのは、迫りくる“死”の恐怖に苛まれる宇和島と、その不安を丸ごと包み込もうとする間宮響(竹内)との対話のシーン。

 化け物にかまれていることを隠していた宇和島は、その傷が原因で次々と化け物たちを引き寄せてしまいます。そのことに気が付いた等々力比呂(笠松将)は、「生かしておいても何にもならない」「自分たちの命が危ない」と、感染した宇和島が化け物に変わる前に切り捨てることを提案…。しかし、誰の命も諦めることができない響は、自分が責任を取る代わりに宇和島を守ることを申し出ます。

 宇和島の容体が悪化する中、老人ホームに逃げ込んだ響たち。等々力の言葉と、徐々に実感する自らの変化によって宇和島の恐怖は増大していきます。そんな宇和島の「今はただ怖い…死にたくない…死にたくないんだ」「間宮くん、生きたいと思うことは、わがままだろうか?」という心の叫びに対し、響は「『生きたい』って、当たり前じゃないですか。当たり前のわがままじゃないですか」「宇和島さんの命は、誰が何と言おうと宇和島さんのものです。誰かのために投げ出す必要なんてないです」と寄り添うのでした。

 尊い命であったとしても、自分たちを危険にさらす可能性を持った存在と対峙(たいじ)したとき、こんな言葉をうそ偽りなく心の底からかけることができるでしょうか? 人生はそれぞれ自分自身のものであって、誰のものでもない。自らも危険な状況にありつつも、相手を尊重する考えを貫いた響の器の大きさにただただ感服。

 響の優しさは、極限の世界では時に“甘え”として表立つこともありますが、その信念を曲げない強さが、誰かの心も救っていくのだと感じた一幕でした。

宇和島を演じた笹野高史さんがクランクアップ!

 そんな、壮絶な死を遂げた小説家・宇和島役の笹野高史さんが第2話の撮影をもってクランクアップ。

 自らの死期を悟り、迫り来る化け物たちから響たちを守るべく最後は自らが盾となった宇和島。そんな彼の勇姿はSNSでも話題に。笹野さんの名前がトレンド入りするなど、大きな反響を呼びました。

 作品に確かな軌跡を残し、共演者たちに惜しまれつつも笹野さんは笑顔で現場を後にしました。

笹野高史さんコメント全文

「70代から10代まで年齢差は広いんですが、撮影の初日からみんな仲良くて不思議なチームワークがありました。ですから撮影がこんなに早く終わるなんて寂しいです! でも壮絶な最期をとげることができたので、俳優としてはこれで満足。 おぶられて走るシーンは、(竹内さんは)次の日筋肉痛だったとおっしゃるくらい大変で、俳優ってすごいなとあらためて思ったシーンです。実は上に乗っている側も揺れるので、意外にしんどいシーンでした(笑)。何度も何度も走って苦労したシーンなので、ぜひ再度ご覧ください」

1月31日放送・第3話「ショッピングモール編」

 老人ホームでの悲劇を乗り越え、命からがら横須賀駐屯地にたどり着いた響たち。しかし、そこで待ち受けていたのは突然の“銃撃”でした。響たちは銃弾に倒れた本郷を残し、やむを得ずその場を離れることに…。しかし、自衛隊内部では「響たちが先に発砲した」「彼らはテロ集団だ」と虚偽の報告がなされていたのです。

 その後、封鎖区域を目指してなんとか逃げ延びつつも、響たちは疲労と寝不足で皆ボロボロになっていきます。そんな中、彼らはあるショッピングモールに行き着き、助けを求める人気女優・中越美亜(芳根京子)と遭遇。彼女には何やら事情があるようで…。

 一方、横須賀駐屯地で何かを見詰める研究者・首藤公貴(滝藤賢一)。それは小笠原来美(中条あやみ)の血液検査の結果で…!? そんな来美は、自衛隊内部で“テロ集団”とみなされ、射殺命令が下る寸前の一団に響がいることを確信。彼を見つけ出すため、研究者たちによる化け物のサンプル採取に同行し、駐屯地の外に出ることを志願します。それに対してある条件を課せられた来美は、首藤らに連れられ施設の一室へ。そこで目にしたのは、信じられない光景だったのです…。

 その頃、響たちの間では今後を巡り仲間割れが発生。助けを待つべきだと主張する柊木佳奈恵(飯豊まりえ)に、いら立ちを隠せない等々力。そこに、新たな敵が立ちはだかります。なんとそれは、日本刀を手にした謎の生存者集団。人質となった佳奈恵と引き換えに、警官である等々力の銃を渡すよう脅迫を受ける響たち。究極の選択を迫られた彼らに待っていたのは、さらなる罠で…!?

極限のサバイバルに挑む男性陣の肉体美にも注目!

 一行の矛となり盾となっている響、等々力、ユン・ミンジュン(キム・ジェヒョン)の3人。ショッピングモールに到着した彼らは、シャワーでつかの間の休息を取ることに…。

 「撮影中も空き時間があればトレーニングをしている」という竹内さん、笠松さんと、撮影に向けてテコンドーのトレーニングを積んだジェヒョンさん。“仲間を守る”役を演じる彼らの、説得力のある鍛え抜かれた肉体美にも注目です。

 ドラマの感想をシェアする際は、「#君と世界が終わる日に」もお忘れなく!

【番組情報】

「君と世界が終わる日に」
日本テレビ系 
日曜 午後10:30~11:25

日本テレビ担当 K・S

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.