News ニュース

「君と世界が終わる日に」ゾンビ姿で鈴之助が笑顔のクランクアップ2021/01/22

 竹内涼真が主演を務める、日本テレビ系連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10:30)の、1月17日放送・第1話で、悲惨な死を遂げたバイク便ライダー・吾妻伸二役の鈴之助が、ソンビ姿でクランクアップした様子が公開された。

 本作は、死と隣り合わせの終末世界をたくましく生き抜く、間宮響(竹内)の生き残りを懸けた戦いを、“ゾンビサバイバル×ラブストーリー×ミステリー”の三つの軸を絡めた極限の人間ドラマとして描き出す大型ドラマ。日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、1月から地上波でSeason1が放送開始となり、全10話で一度完結。その後、3月からHuluオリジナルとしてSeason2が全6話で配信される。

 第1話で、響たちと共に町で生き残っていた吾妻は、連絡が取れなくなった救助隊を呼ぶために近くの避難所へ向かうことに。だが、「バイク便なめんなよ!」という頼もしい姿を最後に消息不明に。やがて、生ける屍=ゴーレムへと変わり果てた姿で現れ、響たちに襲いかかってきた。葛藤しながらも響は弓を引き、その弓矢によって吾妻は息絶えた。

 鈴之助は「ゴーレムを演じる皆さんの迫力と、スタッフ、演者の皆さんのチームワークを強く感じる現場でした。吾妻は残念ながらゴーレムになってしまいましたが、以前からゾンビやモンスターに結構憧れがありまして、個人的にはゴーレムの姿になれたことはとてもうれしかったです!(笑)」と笑顔でコメント。「ぜひ引き続き『きみセカ』を応援してください!」と呼びかけた。

 番組公式HP(https://www.ntv.co.jp/kimiseka/)の相関図はすでにゴーレムの姿に更新されており、衝撃のラストには「ゾンビ化フラグ立ってた」「吾妻の優しい笑顔とのギャップが…」「ゾンビの動き最高」「ナイスゾンビ」とSNSでも多くの反響が寄せられている。

 1月24日放送・第2話では、響は小笠原来美(中条あやみ)が生きていることを確信し、交差点へと向かう。しかしそこには打ち捨てられた無人のバスと、バスを囲む化け物たちの死骸が。響たちは周囲に散らばった薬きょうから、来美が自衛隊に救助されたと推測。等々力比呂(笠松将)たちが、近くにあった車の修理を試みる響を化け物から守る一方、本郷大樹(大谷亮平)と甲本洋平(マキタスポーツ)がガソリンを調達しに出発する。そんな中、宇和島雅臣(笹野高史)はある恐ろしい異変を隠していた。

 その頃、隊員たちに囲まれた来美は不安な表情で自衛隊のトラックに揺られていた。しかし次の瞬間、目の前に現れた化け物をひいたトラックがコントロールを失い納屋に激突。一緒に運ばれていた幼い兄弟の兄・橘勝利(田中奏生)の胸には激突の衝撃で鉄筋が突き刺さった。緊迫した空気の中、防護服の韓国人医師・ジアン(玄理)が筆頭となって現場での緊急手術が始まる。研修医の来美はとっさに手術の助手に名乗り出るが、異例だらけの初めての実践に手が震えてしまう。さらに、周囲には血の匂いに誘われて、次々と化け物が現れる。

 一方、バスの修理を試みる響たちのもとにもなぜか次々と化け物たちが吸い寄せられていた。誰かがかまれ、血の匂いに誘われているのではないかと疑心暗鬼が広がる中、等々力は宇和島の腕に化け物のかみ傷を発見。そのとき、化け物の大群が現れ、響たちは避難場所を求めて近くの老人ホームへ。しかし、そこで新たな難題が響を待っていた。感染した宇和島が化け物に変わる前に殺してしまおうと、等々力がナイフを向ける。

 緊張が走る中、ミンジュン(キム・ジェヒョン)が意外な情報を口にする。熱にうなされる宇和島がいつ化け物に変貌してもおかしくない中、宇和島の命も全員の命も諦めることができない響。等々力は「お前が責任取れよ」と、宇和島が化け物に変貌したら殺すようにナイフを渡す。決断を迫られる中、太陽がかげり、化け物たちが獰猛(どうもう)になる“時”が訪れる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.