Feature 特集

極限のゾンビサバイバル「君と世界が終わる日に」…あなたには、この恐怖に立ち向かう勇気はありますか?2021/01/22

 通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%の“生ける屍(=ゾンビ)”に占拠された世界を生き抜く、竹内涼真さん主演のサバイバルラブストーリー「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系)。1月17日、ついにその第1話が放送されました! 皆さんもご覧になりましたでしょうか。

 日本テレビとHuluがタッグを組み、これまでにない圧倒的なクオリティーとスケールが見どころの本作。また、地上波の連続ドラマとしてゴールデン帯に本格ゾンビ作品を放送するのは国内初の試みです! さらに、地上波で全10話のSeason1を放送したのち、Huluでは3月から全6話のSeason2を独占配信。「ゾンビサバイバル」×「ラブストーリー」×「ミステリー」の三つの軸が複雑に絡み合う、極限の人間ドラマが繰り広げられます。

 終末世界をたくましく生き抜く主人公・間宮響を演じるのは竹内さん。響の恋人であるヒロイン・小笠原来美役には中条あやみさんが抜てきされ、笠松将さん、飯豊まりえさん、滝藤賢一さんら実力派の豪華な面々が顔をそろえます。さらに、神保悟志さん、浅香航大さん、玄理さんら追加キャストも発表され、最強布陣で挑む超大作。見逃すわけにはいきません!

 脚本は「アリスの棘」「砂の塔 ~知りすぎた隣人~」(ともにTBS系)などを手掛けた池田奈津子さんが務め、演出を担当するのは「トドメの接吻」(日本テレビ系)などが記憶に新しい菅原伸太郎さんです。主題歌は菅田将暉さんの歌う「星を仰ぐ」に決定し、挿入歌には安田レイさんの「Not the End」が使用されるなど、物語以外の部分でもその豪華さが光ります。

1月17日放送・第1話 振り返り

 物語の舞台は、三浦半島の南端に位置する三浦市。ストーリーは、幸せな日常が奪われたある1日から始まります。自動車整備工の響はその日、同棲中の恋人・来美へのプロポーズを計画。「帰ったら大事な話がある」と伝え、いつものように職場に向かうため自宅を出発…。

 しかし、その途中でトンネル崩落事故に遭遇。数日後に命からがらトンネルを脱出するも、そこに広がっていたのは人けのない荒廃した街。そして、生き血を求めて人間を襲う恐ろしい化け物がはびこる世界へと一変していたのです。

 自宅に戻るもそこに来美の姿はなく、必死に辺りを捜し回る響は、近くの消防署で終末世界に取り残された生存者と出会います。そこで、「化け物にかみ付かれることで伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こし、避難指示が出ていた」という驚愕(きょうがく)の事実を知るのでした。

 そこに身を寄せていたのは、響の高校の同級生で警察官の等々力比呂(笠松)と、その上司の本郷大樹(大谷亮平)のほか、7人の市民たち。響は彼らと行動を共にすることになるも、救助を要請したはずの“避難所”とは昨日から音信不通になっているといい、消防署にいても危機的な状況に。夜になると化け物たちの動きが激しさを増し、響らはついに自力で避難所である県立三浦高校を目指すことになります。そこで響が目にしたのは、来美のIDがついた血だらけの白衣…絶望的な状況の中、響は来美の生存を信じて諦めません。

 しかし、夜になると校内に潜んでいた大量の化け物が目を覚まし、彼らに容赦なく襲いかかります。それでも何とか絶体絶命の状況を乗り超え、朝を迎えるも行動を共にする宇和島雅臣(笹野高史)が何やら挙動不審に…。一方、無線を手に入れた一行は途切れ途切れに聞こえる声をキャッチ。その無線の相手はなんと来美で、彼女は立ち往生したバスの中で化け物の大群に包囲されるという危険な状況を迎えていたのです。

 そんな中、自衛隊横須賀駐屯基地では白衣姿の首藤公貴(滝藤)が何かを黙視。その視線の先には、あの化け物たちが鎖につながれていて…!? この男、一変した世界と何か関係があるのでしょうか。

注目ポイント①:絶望の中の希望! おいしそうすぎる“響メシ”

 「“極限状態”で食べたい食事は?」と聞かれたら、皆さんはどんなメニューを想像しますか? 精神的に追い詰められる中、満足な食事も摂れずイライラが募っていた彼らに唯一希望をもたらした“響メシ”。サバ缶とレトルトカレーを組み合わせた「サバカレー」や、トマト缶を使った「ミネストローネ風」、乾パンにあんこを挟んだ「あんこサンド」など、消防署にあったわずかな備蓄で調理した響お手製の食事のクオリティーが高すぎるのです!

 実は、鳥羽周作シェフ監修のもと「極限状態でもおいしく」かつ「極限状態での食事ということで、リアリティーを損なわないようキャラクターのイメージを崩さないメニュー」として考案されたものなのだとか。

 いかなる状況でも「飯は生きる基本」。これからもどんな“響メシ”が登場するのか楽しみです!

注目ポイント②:仕掛け満載の番組公式HP

 番組公式HP(https://www.ntv.co.jp/kimiseka/)にも、視聴者を楽しませる仕掛けが施されているのをご存知ですか? 

 実は、HP上に表示されているタイトルの「世界」が、番組裏公式サイトへとつながる鍵になっているのです。「世界」の文字をドラッグして180度回転させると、ポスタービジュアルの裏面をベースに構成されたダークな番組裏公式サイトへと転送されるという仕組み。黒塗りのティザービジュアルの無修正版のほか、ゴーレムに関する考察資料、ゴーレムの裏側が分かる特別映像、サバイバルおみくじなど、よりディープなコンテンツが展開されています。

1月24日放送・第2話

 来美と無線でつながった響は、彼女が生きていることを確信し、来美が口にした“春海交差点”へと向かいます。しかし来美の姿はなく、無残に残された無人のバスと、それを囲む化け物たちの死骸があるのみ。

 実はその頃、来美は自衛隊のトラックに救助されていたのです。しかし、目の前に現れた化け物をひいた弾みで来美の乗るトラックがコントロールを失い、そのまま納屋に激突。一緒に乗っていた幼い兄妹の兄・勝利(田中奏生)の胸には鉄筋が刺さっていて…。

 一方、響たちは近くにあった車の修理を試みることに。しかし、バスの周りになぜか次々と化け物たちが現れるという不審な状況の中、「誰かがかまれて血の臭いに誘われているのでは」という疑念が浮上。すると、等々力が宇和島の腕に化け物のかみ傷を発見。感染した宇和島が化け物に変わる前に殺してしまおうとナイフを向け…!?

 刻一刻と悪化していく状況の中、彼らの運命はどうなってしまうのでしょうか…!

【番組情報】

「君と世界が終わる日に」
日本テレビ系 
日曜 午後10:30~11:25

日本テレビ担当 K・S

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.