Feature 特集

「50歳、60歳、70歳、85歳もこれからよ!」 「その女、ジルバ」中田喜子、久本雅美、草村礼子インタビュー2021/01/22

 放送初回に「オトナの土ドラ」シリーズ最高視聴率を獲得、連続ドラマ9年ぶり主演の池脇千鶴の等身大の演技が共感を呼んでいる「その女、ジルバ」(フジテレビ系=東海テレビ制作)。本作は、池脇演じる笛吹新が、40歳の誕生日に自分を変えるために超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」に飛び込み、新米ホステス“アララ”として働き始めたところから物語が始まる。

 試練を乗り越えながら、熟女ホステスらに感化されて前向きに人生を歩み始める新(池脇)。BARの先輩ホステスには、エリー役・中田喜子、ナマコ役・久本雅美、ひなぎく役・草村礼子と、個性豊かな“熟女ホステス三人娘”が脇を固める。 現場でもとても仲良しだという3人に、それぞれの役の印象やドラマの見どころのラインダンスのエピソード、長きにわたり活躍されている秘訣(ひけつ)を聞いた。

草村演じるひなぎくは、いつも真ん中でウロウロ!?

――ご自身の役柄についての印象を教えください。

中田 「今回演じるエリーのようなコメディー要素のある役は初めてで、原作を読ませていただいてからいろいろと考えながら撮影に臨んでいます。とても楽しく演じています」

久本 「エリーさん、すごくかわいいですよね」

中田 「彼女は乙女チックな部分とおばさんの部分を持っているので、その両方をバランスよく出していけたらと思っています」

久本 「私の演じるナマコはとてもしっかりしている人。でも、親がいなくてジルバさんに育てられていた背景があり、そうした強さも演じていきたいですね」

草村 「ナマコさんはとてもパンチがあって、エリーさんはとてもかわいらしくて、私が演じるひなぎくはいつも真ん中でウロウロしているだけなんですよ」

久本 「そんなことないです! 草村さんの声のトーンは優しいので、癒やされます。本当に素晴らしいと思います!」

草村 「こうして、“よいしょ”してもらうじゃない? とても皆さん優しいのよ(笑)」

中田「台本には“プロのように踊っている”と書かれていて…」

――BAR「OLD JACK&ROSE」の名物・ラインダンスのシーンもドラマの見どころの一つですよね。

草村 「ラインダンスが初めてで、私が足を引っ張ってしまって…」

中田 「台本には“プロのように踊っている”と書かれていて、本当に焦りました(苦笑)」

久本 「私も皆さんと同じで四苦八苦していました。クランクインの前に少しお稽古をさせていただいて、携帯に振り付けの動画を入れてそれを確かめながら家でも練習しましたね」

草村 「動画を見ている時は“うん、うん”って、自分もすぐできるような気がするんですけどね…(笑)」

久本 「照明や撮り方を工夫していただいて、奇麗に撮っていただいています。監督さんが“エンターテインメント性を出したい”とおっしゃっていたのですが、うまいことごまかせているんじゃないでしょうか(笑)」

草村 「見てくださったお客様が喜んでくださるような感じはします。自分のことは置いといて、よ?(笑)」

久本 「最後は顔でごまかします!」

――皆さん、ダンスのご経験はありましたか?

中田 「私は日舞は踊れますが、洋舞は経験がないんです」

草村 「でも音楽に合わせて“キメ”ができるっていうのは、やはり日舞をやっていらっしゃるからよね」

久本 「中田さんの日舞、ぜひ見てみたいですね!」

中田 「慣れないこともあってか、実は最初のダンスシーンで親指の爪が折れてしまって。今、接着剤で応急処置をしているんです」

久本 「えっ! 初めて知りました。本当にお強い…! 現場で何も言われてなかったから…」

久本「62歳ですけど、何か問題でも?」

――では、長きにわたり芸能界で活躍してきた皆さんの“人生を楽しむコツ”を教えていただけますでしょうか。

中田 「“私なんか”と自分を卑下するような言葉はNGと思って生きています。“誰かが見てくれている、1人でもいいから見ていてくれている”と思いながら、女優を続けている気がします。あとは、自分の年齢を数えないこと。それが年を取らない秘訣だと友人が教えてくれました」

草村 「私は自分の年齢を、名前を言うように伝えます。年の話はやめようという意味で。あとは“相手の人の命を削るようなことは言わない”ということでしょうか。例えば“元気そうですね”と言われたら“おかげさまで”と言うのですが、“お疲れですか?”と言われると、ちょっと嫌なんです。なるべく元気にしていたいですし、周りの方に“草村さん、いつも元気ね!”と言っていただけることがエールになっています」

久本 「私は“62歳ですけど、何か問題でも?”という感じで、自分の年齢はギャグにしています。心掛けているのは“ああ言えばよかった、こうすればよかった”ではなく“ああ言えて良かった、こうやって良かった”と思える生き方に近づくこと。我を張るのではなく、いい意味で強くならないと。クヨクヨしない、グタグタ言わないようにしています」

草村 「久本さんは普段からお仕事でもリーダーシップを取られているから、みんながついていきやすいように軽やかに“クヨクヨ”を排除するのは毎日の習慣なんでしょうね。だからなのか、久本さんが現場にいらっしゃった時に“来た!”って思うの。風が吹くような感じがありますね」

久本 「“来た!”って、人を妖怪みたいに(笑)。うれしいですけどね! 人と比べても仕方ないですし、自分と向き合って磨いていくしかないですよね」

「50歳も60歳も70歳も85歳も、これからよ!」

――最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

中田 「今は特に平常心を保つことがとても難しい時期ですが、深夜のこの時間だけはこのドラマを見て大いに笑って、共感していただけたらと思っています」

久本 「おっしゃる通りです。この時期に、私たちがお手伝いできることがあればと思っています。私はナマコがアララに言った“女は40(しじゅう)からよ”というセリフが大好きなんです。でも40だけじゃなくて“50歳も60歳も70歳も85歳もこれからよ!”と思うんです。皆さんの気合が入るようなドラマなので、明日に向かって少しでも前向きになっていただければと思います」

草村 「コロナ禍で対面は難しいですが、“おはよう”とか“こんにちは”と、言葉を掛け合うことって大事ですよね。このバーでは私たち3人はおしゃべりな役で、アララの職場でもみんなで声を掛け合ったりお話したりすることで、人との距離が縮まっていくんです。“言葉を掛け合う大切さ”がお伝えできるドラマだと思っています」

――ありがとうございました。

【番組情報】

オトナの土ドラ「その女、ジルバ」
フジテレビ系
土曜 
午後11:40〜深夜0:35

フジテレビ担当M・F

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.