News ニュース

池脇千鶴が「その女、ジルバ」で1人2役。9年ぶりの連ドラ主演2020/11/25

 池脇千鶴が、フジテレビ系で2021年1月9日にスタートする連続ドラマ「その女、ジルバ」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)に主演する。

 ドラマは、第23回手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞している、漫画家・有間しのぶ氏による同名コミックが原作。仕事も恋愛もうまくいかない40歳の主人公・笛吹新が「何かを変えたい」と平均年齢70歳以上の高齢バー「OLD JACK & ROSE」で働き始めることから展開するヒューマンドラマ。

 新と、「OLD JACK & ROSE」を作った伝説のママ・ジルバを1人2役で演じる池脇は、9年ぶりとなる連ドラ主演に「原作が面白かったというのが、出演を決めた大きな理由です。ドラマに出演するのはすごく久しぶりで、女性で主演ができることは、ありがたいなと思います」としみじみ。

 演じる新については「引っ込み思案で、失恋もしていて、自分に自信のない女の人。“猫背気味”というか、あんまり人としゃべるのが得意じゃない、そういうところを演じられればいいなと思っています」と意気込む。

 また、平均年齢70歳以上の高齢バーが舞台だけに「共演者に、お姉さま方が多い現場も初めてです。皆さんとても明るくて、私よりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます。『寒くない?』『ちゃんと寝られてる?』といつも気遣ってくださったり、励ましてくださったり、すごく和気あいあいとしています」と居心地がよさそうだ。

 そして「『その女、ジルバ』は、キラキラした恋愛ものではなく、酸いも甘いも乗り越えてきた人たちが描かれている作品です。見応えもありますので、夜ふとテレビつけた方が引き込まれる作品になると思います。ぜひご覧ください」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.