Series 連載

杉野遥亮☆人気漫画のドラマ化で素朴な社会人1年目の“弟”を演じる2021/09/08

 両親不在の間に2人暮らしをしている姉と弟が、仕事を終えて帰宅した居間でお酒を飲み、それぞれ好きなものを食べながら、恋・仕事・趣味・人生にまつわる会話を繰り広げる…。雑誌「anan」で連載中の益田ミリの人気マンガ「僕の姉ちゃん」がついに連続ドラマ化。

 Amazon Prime Videoにて9月24日より全話一挙先行配信、テレビ東京にて2022年放送予定となっている。杉野遥亮は、黒木華演じるユーモラスで辛辣(しんらつ)な姉・白井ちはるに翻弄(ほんろう)されながらも、素直に話を聞く弟・白井順平を演じる。若手実力派として話題作への出演が続いている彼に、ドラマ撮影現場でのエピソードのほか、きょうだいの関係性についても語ってもらった。

――まず、台本を読んで、ちはると順平の関係をどう思いましたか?

「僕が思ったのは、話が進むにつれて分かり合っていく2人なのかなと思いました。今は特に、家で過ごす時間が増えて、家族と向き合うことが大事だったりするじゃないですか。両親の不在で2人暮らしをしていく中で、お互いに知らなかったことを知っていくというのがすごくほっこりするし、1話から10話にかけて“尊い時間”をメッセージの一つとしてお伝えできるんじゃないかなって思っています」

――撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

「みんなで濃厚な時間を過ごしました。タイトな撮影スケジュールだったけど、今となってはいい思い出だなって思います。そんな中で、黒木さんとはお互いにハードスケジュールの疲れもあって、役と自分自身の境目が分からなくなってくる瞬間があって(笑)。そういう時にくだけた黒木さんを見て、“ああ、いい関係だな”と思いましたね」

――今回は、ちはるを演じる黒木華さんとの会話劇で「受ける芝居」が多く、台本に「……」と書かれていることが多かったですね。

「“……”のシーンは、表情を作ることが自分のやり方ではなくて、純粋にどう感じるかが勝負でした。その“……”も話が進むにつれて意味合いが変わってきて、“何言ってんの?”から“また言ってる”になっているかもしれない。それを一緒に楽しんでいる状況もありますし。その時の2人の関係で変化していくものじゃないかなと思いながら演じていました」

――会話劇だからこそ気を付けた部分はありますか?

「ちはると順平の、ボケとツッコミじゃないけど、そういった2人のやりとりがコントになり過ぎないようにしないとなっていうのはありました。自然な会話の中で、何かが生まれてきてクスっと笑えるものにしないと、と思っていて。自然な流れにするために、黒木さんとの距離感を意識していました」

――ちはるの言葉の中で、印象に残っているものを教えてください。

「お姉ちゃんのセリフは全部インパクトがあり過ぎて(笑)、“あ、そう来るか!?”って毎度毎度思っているんですよ。その中で、“お姉ちゃんが自分(弟)のことを思っていてくれたんだな”という内容で挙げると、感動したのは、3話に出てくるセリフ。何げない会話の中で、『あんたのいいところなんか別にあんたが知らなくてもいいんじゃないか?』から『私も知ってるし、あんたのいいところ』って、何げなく言ってくれるんです。基本的にパンチがきいていることばかり言っているお姉ちゃんとしては、そういうことを言うのはたぶん恥ずかしいと思うんですけど、わざわざ伝えてくれたことが心にすごく響いて、温かくなりました」

――杉野さんはちはるのような人物にどんな印象を持っていますか?

「正直に言うと、ちはるの考え方にすごく共感ができるわけではないんですが、日々、試行錯誤しながら愛する人を見つけたり、弟に対して格好つけているけど、実は真剣に生きていて、すてきだなって思います。ただ、ちはるは格好つけずにストレートにしていたら、もっと違うストーリーになっているのかなとも思います。でも、それがちはるの個性ですからね(笑)」

――ちはるの考え方は、女性からすると共感することばかりです。杉野さんは男性としてどう感じましたか?

「確かに、“自分はそういう考え方をしたことはなかったな!”って思うことはありますけど、男性でも分かる人はいるんじゃないかなと思うんですよ。この作品にクランクインする前、監督とこの作品で描かれている女の人とか男の人の考えやその違いについて話したんですよね。姉ちゃんはそのことにすごく敏感で鋭いツッコミを入れるんですけれど、僕としては普段から、性別というくくりではなく、その人の考え方に同意したり違うと感じるタイプだと思っているので、順平としても、そんな姉ちゃんをシンプルに“すごいな”と思いながら演じました」

――杉野さんご自身と順平が似ていると思う部分は?

「ちょっと前の自分に似ているなと思いました。“分かる、分かる!”って。人の話を素直に聞いて、自分の中に“これ!”っていう軸をまだ定め切っていない。そういう時って、いろいろ見たり聞いたりしたものを、良いものも悪いものも素直にどんどん自分の中に入れちゃって、ブレたり、分からなくなったりするんですよ。あと、“自分って何なんだろう?”と思ったりすることも、すごく理解できます」

――杉野さんから順平に何か声を掛けるとしたら?

「すてきだと思うけどなぁ。これだけピュアに誰かのことを思いながら四苦八苦して毎日生きている人って、なかなかいないじゃないですか。『それでいいぞ、オマエは!』って言いたいです。毎日感じたことや、相手にこう思われたんじゃないかっていうのをちゃんと自分自身で見つめて、お姉ちゃんと話して。そういう時間を取れているあなたは社会人1年目にして素晴らしいぞ!って思います」

――最後に、杉野さんは実際に弟さんがいらっしゃいますが、関係性はいかがですか?

「この作品を撮影した後に舞台『夜への長い旅路』をやらせていただいたんですけど、それも家族のお話だったんです。それであらためて“家族と向き合うことって大事だなぁ”と思って、兄弟の関係について見つめ直した時に、“自分はやっぱりお兄ちゃんでいたいな”って気持ちがどこかにあったんです。経験値とか知識とか、弟に対して変なプライドや意地を張っている部分が、今はまだあるなって。だから、自分の弱いところをちゃんと話して理解してもらう関係になれたらいいし、もしかしたら僕が思っている以上に弟は大人なのかもしれない。弟のことを知っているようで知らない部分もあって、そういうことは話してみないと分からないから、今度ちゃんと2人で時間を作ってもいいのかなと思っています」

【プロフィール】

杉野遥亮(すぎの ようすけ)

1995年9月18日、千葉生まれ。乙女座。O型。近年の主な出演作に、ドラマ「直ちゃんは小学三年生」(2021年)、映画「東京リベンジャーズ」(21年)など。10月スタートのドラマ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」(日本テレビ系)に出演。

【作品情報】

「僕の姉ちゃん」
9月24日(金)スタート
Amazon Prime Video 全話一挙先行配信
※テレビ東京にて2022年放送予定

「anan」で長期連載中の益田ミリの漫画をドラマ化。素朴で真っすぐに育ってきた社会人1年目の弟・順平(杉野)と、そんな弟にユーモラスで鋭いツッコミを入れる姉・ちはる(黒木)。年の離れた姉弟が、つかの間の2人暮らしをする様子を描く。

【プレゼント】

サイン入り生写真を1名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募期間:2021年9月8日正午~9月17日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」」9月17日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/依知川亜希子 撮影/JOKEI

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.