News ニュース

かまいたち、井上清華、ロバート、上白石萌音が「ちびまる子ちゃん」に登場2021/08/01

 かまいたち(山内健司、濱家隆一)、井上清華フジテレビアナウンサー、ロバート(秋山竜次、馬場裕之、山本博)、上白石萌音が、フジテレビ系のアニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜午後6:00)にゲスト出演することが分かった。

「ちびまる子ちゃん」(日曜午後6:00)は、8月の1カ月間を「~まるちゃん大好き!8月のゲスト声優まつり~」と題し、5週連続で豪華ゲスト声優を起用。本日8月1日のゆりやんレトリィバァに続き、8月8日放送回にかまいたち、15日に井上アナ、22日にロバート、そして最終週となる29日に上白石萌音が登場する。

 かまいたちが演じるのは「まる子、青春高校生に会う」の高校生2人組。好きな女性がいるが、どのようにアプローチしていいか分からないという純な高校生Aを演じるのが濱家、そしてそんな濱家を応援している友人の高校生Bを山内が演じる。笑いと甘酸っぱさ、最後には思いがけない展開が待っているストーリーだ。

 濱家は「僕は『ちびまる子ちゃん』がホンマに好きで、コミックスももちろん持っていて、映画も全部見ているんです。そこに出られるっていうのが、まだうそみたいですね。もう録り終わったけど、まだしっくりきてないというかピンときてないです」と抜てきに感激。

 山内も「ずっと『ちびまる子ちゃん』を見て育ってきた世代なので、まず親が喜ぶ仕事だなと思いますね。ついに『ちびまる子ちゃん』に出させてもらったのかと。いろんなテレビ番組に出させていただいていますけど、『ちびまる子ちゃん』に出られるってなかなかないので、頑張ってきてよかったなって思います」としみじみ。

 そして、実際に演じてみて「体感ですけど、40%くらいしかできていないなと思います。こんなに難しいのかと思いましたね。僕らが先に声を録らせてもらったんですけど、今からその声を聞く声優の皆さん、びっくりするんちゃうかなと思います」(濱家)、「(ほかの声優さんたちと)一緒に録るとかじゃなくてよかったよな。とんでもなく足を引っ張ってたよな。先にやらせていただいて、迷惑も最小限にできたかなと思います」(山内)と振り返った。

 それも踏まえて「夢がかなったっていう言い方は違うかもしれないけど、まさかこんなハッピーなことが起こると思っていなかったので、全力でやりました。楽しんで頂けたらなと思います。だいぶ甘めに見てください」(濱家)、「全力でやらせていただいて、仕上がりがめちゃくちゃ楽しみです。本当に必死で食らいついてんなっていうのを見ていただきたいです」(山内)とメッセージを寄せている。

 井上アナが演じるのは、「まる子、町をパトロールする」に登場する小学3年生の女の子のせい子。福岡から引っ越してきたばかりのため、どうしても博多弁が出てしまうことで、なかなか友達をつくることができないでいた。そんなある日、偶然遊んでいたまる子たちと出会い、遊びを通して打ち解けていく。

 井上アナは「驚きと同時にとてもうれしくて、夢のようでした。アナウンス室の先輩が以前声優に挑戦しているのを見て、“うわ~、すてきだな、まる子ちゃんと共演できるなんてうらやましいな”と思っていました。まさか私が挑戦できる日が来るとは夢にも思っていなかったので、このお話を聞いた時は喜びで、本当に飛び上がりました!」と興奮気味。

 そして「声優さんたちの技術が、どれだけ素晴らしいのかをあらためて感じました。声だけで演じることは想像以上に難しかったです。“きゃー”というセリフ一つでも、自分がイメージしているまるちゃんたちの世界に溶け込めなくて。でもたくさんご指導していただき、楽しむことができました」と学びにもなったようで、「夢みたいっちゃけど、『ちびまる子ちゃん』にゲスト声優として出演することになったと。バリうれしいです! もう本当に不慣れながら頑張ってアフレコしたけん、ぜひ見てください!」と劇中でも披露する流ちょうな博多弁を交えて、アピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.