News ニュース

少年忍者、主演ドラマ「文豪少年!」撮影での手応えを語る!!2021/03/08

 ジャニーズJr.内のユニット・少年忍者の12人が主演を務め、3月21日からWOWOWプライムでスタートする「WOWOWオリジナルドラマ 文豪少年!~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~」(日曜午後11:00)の全10話の場面写真が解禁された。また、撮影現場から最新のコメントが届いた。

 同ドラマは、夏目漱石、太宰治、芥川龍之介、江戸川乱歩、小泉八雲といった日本が誇る文豪たちの傑作小説群を新規に解釈した1話完結のオムニバスドラマ。過去の名作をただそのまま映像化するのではなく、現代的な視点で描いたり、異色の角度から捉えたりすることで、日本文学の持つ面白さを若者を中心に幅広い世代に伝え、日本のエンターテインメント界の発展・継承に寄与し、未来のクリエーターの誕生のきっかけにしようという野心的な試みがなされる。また、物語の拠点となるブックカフェのマスター役には、イッセー尾形が決定。少年たちを物語の世界へと誘う案内人役を務め、シリーズ全体を引き締める。

 第1話「クモの糸」(芥川龍之介「蜘蛛の糸」より)の主演・黒田光輝は「撮影前は不安が大きかったけど、現場ではお芝居の楽しさを感じることができて、不安を楽しさで塗りつぶしていった感じです。僕が演じた神田は、口数が少ないんです。なので、体や表情で感情を表現するのが大変でした」と回想。さらに「撮影を終えた今感じるのは、みんなで頑張って作り上げてきた作品が完成するという喜びと、俳優としての自分はまだまだだなということ。小市慢太郎さん、イッセー尾形さんとお芝居して、これがプロの演技かと身をもって実感しました。自分は役者の卵にもなってない段階だなと思います。そんな中で、撮影期間中にスタッフさんから『俳優の顔になってきた』と言われたことはすごくうれしかったし、これからもっとお芝居を頑張りたいと思いました」と今後の成長を誓った。

 第2話「メロスを待つ男」(太宰治「走れメロス」より)の主演・ヴァサイェガ渉は「『走れメロス』という作品は、原作のイメージが強いと思いますが、今回はメロスを待つ側のセリヌンティウスを演じました。監督が思うようにやればいいと言ってくださいましたが、やっぱり演じることは難しいです。でも、演じるうちに、お芝居はセリフだけじゃないことに気付いて、セリフに対して自分がどう思うか考えて、その上で表情も意識できるようになりました。このお話は、スポットライトが当たらない側の気持ちを描いていますが、誰もが体験したことがあると思うんです。学校や仕事、習い事もそうですが、頑張っているのにあの人だけ褒められるだとか…。僕にもそんな経験があります。でも、見てくれている人は絶対にいると思うんですよね。セリヌンティウスの心情がどう変化をしていくのか、楽しんで見てください」と見どころをアピール。

 第3話「注文が多い店には気をつけろ」(宮沢賢治「注文の多い料理店」より)の主演を務める小田将聖と田村海琉。小田が「大人に囲まれた現場の中で、海琉は心強い味方でした。生意気な役だったから『もっと偉そうにやったら』ってアドバイスし合ってたよね」と言うと、田村も「僕も頼もしかったです! 演技で困ったことがあると、2人で相談し合えました。将聖の演技は、感情がこもっててよかった!」と応じ、互いに心の支えになっていた様子。また、「海琉は普段真面目だから、生意気な演技を間近で見ると『こんなこと言っちゃうんだ!』って思ったりした。生で見られるのは、僕だけの特権です(笑)」と小田が明かすと、「僕も2人でよかったなって思った」と同調。さらに、「イッセー尾形さんからは演技についてもアドバイスをいただいたよね。『ソファに座る時は、脚を組んだ方がいいんじゃない?』って」(小田)、「イッセーさんのお芝居のすごさはもちろん、普段の優しさを感じて尊敬しました」とベテランとの貴重な共演時のエピソードも披露。

 第4話「罪と罰の散歩者」(江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」より)の主演・川﨑皇輝は「台本を読んでみると、原作の『屋根裏の散歩者』に加えて、『罪と罰』の要素もプラスされたのですごく難しいなと感じました。でも、難しい内容を映像で伝えるということが大切だと思うし、この作品の見どころだと思うんです」と作品の印象を語り、「本格的な撮影はこれからですが、僕の演じる郷田の表情が大切になるのかなと思っています。 ブックカフェのシーンでは、イッセー尾形さんとご一緒させていただいたのですが、お芝居に圧倒されました。カフェのマスターということで、役柄的にも僕のことを説得してくれて包んでくださいました。『お芝居を受けてセリフを発するまでに、もうちょっと時間がかかると思うよ』とアドバイスもいただけて、本当にうれしかったです。今後、お芝居をしていく中で、自分なりのやり方が見つかったらいいなと思っています。この作品は、犯人の視点から描かれるという点でも珍しいものになると思います。人間の持つ複雑な感情などを楽しんでもらえるように、精一杯演じたいです」と意気込んでいる。

 クランクインしたばかりの第5話「二百十日の二百十段」(夏目漱石「二百十日」より)で主演する安嶋秀生と檜山光成は「何か分からなかった時にすぐ安嶋に確認が取れるので助かりました。自分のことに精いっぱいでした(笑)。今は本編のセリフを一緒に練習してます」(檜山)、「逆に俺は、ずっと質問して来るから『大丈夫か?』って思ったけど(笑)。ただ、お互いにセリフ忘れるところが一緒なんです。
台本通りではなく、言い回しは変えてもいいと言われているんですが、檜山は長いセリフを言う時に、たまに自分の言葉にしすぎて何を言ってるか分からない時があるんです」(安嶋)と苦労もあるようだが、「ワンカット撮影は、どんなふうになるのか今から楽しみです。俺が演じる陸は、ちょっとポンコツなキャラクター。普段もポンコツって言われるから、そのままの安嶋じゃんって思われないようにお芝居を頑張りたいです。ガチガチの演技じゃないけど、そのままの僕たちでもない絶妙なドラマを楽しんでください!」(安嶋)、「俺の演じる圭は賢くていろんなことに不満を抱いてるようなキャラクターです。長いセリフが多いけど、きちんと伝わるように演じたいです」(檜山)と、演じることにしっかり楽しみを見いだしている。

 「イッセー尾形さんとのお芝居は、すごく緊張しました。あえてアドリブを仕掛けて、僕の素直な反応を引き出そうとしてくださったり、お芝居にも圧倒されました」と語るのは、第6話「稲荷坂の秘密」(谷崎潤一郎「秘密」より)主演の深田竜生。「僕が演じる信一は、几帳面で無口な何を考えているのか分からないキャラクター。普段の自分はすごくしゃべるしうるさいので、正反対です(笑)。信一は刺激を求めて女装をするんですが、台本を読んだ時は『俺の女装は絶対にイケるはず!』と思っていたのに、衣装合わせをしたら背が高くて肩幅が広いゴツめの女性が鏡に映っていて…自分のイメージと違ったので本編の撮影がちょっと不安です(笑)」と役柄に触れつつ、「見どころは、信一と謎の女(木﨑ゆりあ)の駆け引きです。信一は女のことを知りたいけれど、向こうは正体を明かさず、謎めいている。女を追いかける信一の感情が徐々に変化していく様子を楽しんでもらいたいです」とコメント。

 既にクランクアップを迎えた織山尚大が登場するのは、第7話「外科室のある洋館」(泉鏡花「外科室」より)。「これまでに体験したことのない視点のお話でした。一目ぼれした人を純粋に思うということは、今の時代あまりない感覚だと思うんです。メールで簡単にやりとりができる便利さの一方で、当時の連絡を取ることができない緊張感はとても魅力的です。演じた高峰は、頭はいいけど人間関係がうまくいかない不器用な子です。お芝居では、呼吸を意識して演じました。高峰のバランスが崩れた時に、呼吸が荒くなって手が震えたり、これまでになかった新しい彼が出てくるんです。そんな人間らしい生々しさが、視聴者の方に伝わればいいなと思います」と物語の魅力に言及し、「撮影では、自信がなくなる瞬間もありましたが、中村ゆりさんが『大丈夫だよ、よかったよ』と引き上げてくださいました。イッセー尾形さんは、セリフが生きていて、その瞬間しか撮れないものがあって。すごくかっこよくて憧れの存在になりました。アドリブにはビックリしました(笑)。この作品は切なさ全開で、葛藤も描かれているので、そのあたりもぜひ注目してほしいです」と共演者の助けに感謝。

 「クランクインがイッセー尾形さんとのお芝居だったので、すごく緊張しました。イッセーさんはものすごくお芝居が自然で、プロの技を間近で勉強させていただきました」と感激しているのは、第8話「少年と船」(森鷗外「高瀬舟」より)主演の北川拓実。本編の撮影はこれからということで「弟のことを刺すという衝撃のシーンから始まります。自分自身がしっかり演じないと視聴者の方をひきつけられないと思うので、責任を持って大切に演じたいと思います。台本を読んで驚いたのは、演じる真鍋が鑑別所でご飯を食べて泣くシーンです。普通の感覚でいうと、鑑別所のご飯は豪華とは思えないし、感動もしないと思うんです。僕自身、おいしいものを食べたらさらにいいものを求めてしまうので、“足るを知る”ということに衝撃を受けました。この作品は、普段なら考えることがなかった問題が描かれています。自分自身、当たり前のことの大切さに気付くことができました。この作品が、皆さんの考えるきっかけになったらうれしいです」とメッセージを寄せている。

 そして、第9話「雪おんなの風」(小泉八雲「雪女」)主演の元木湧は、「ブックカフェのシーンの撮影では、イッセー尾形さんが役として僕に語りかけてくださるので、自然と反応することができました。僕もそんなふうにお芝居をしてみたいし、セリフを自分の言葉にしたいと思いました」とリスペクトしながら、「本編では、平塚(翔馬)と青木(滉平)と一緒のシーンが多いので、撮影までにみんなで猛練習しようと思います! 僕たちならではの、普段のノリが生きるお芝居ができたらいいなと思っています。先輩の長谷川純さんにはお会いしたことがないので、早くお話ししてソワソワした気持ちを落ち着かせたいです(笑)。この作品は、自分が思っていることを伝えられない人に響くと思います。僕自身、思春期で両親と話さない時期があったんです。気持ちは伝えないと分からないし、一歩踏み出さないとどんな結果になるのかは誰も分からない。なので、その一歩を踏み出すきっかけになればいいなと思います。役柄としては静かなキャラクターなので、普段の僕と違った一面も楽しんでください!」と期待に胸を膨らませる。

 第10話「冬の青い日傘」(夢野久作「空を飛ぶパラソル」より)の主演・内村颯太もほかのメンバーと同様に「クランクインのブックカフェのシーンは、すごくいい緊張感でした。監督と事前に役のイメージを相談していて、演じる真木の生意気さを態度で表現できたらと思って演じました。イッセー尾形さんはアドリブの勢いがすごくて、すごく自然なお芝居でした。ただ、僕がびっくりして素に戻ってしまう瞬間がありました」と緊張感を伝える。これから本編を撮影するにあたって「どんなことがあっても役で対応できるように頑張りたいです。僕の演じる真木は、感情の起伏が激しくて、例えるならジェットコースターのような振り幅があります。なので、真木になりきって、そのジェットコースターに一緒に乗っていきたいと思います。僕自身、中学2年生の思春期の頃、感情をむき出しにして怒ることもあったので、素質はあると思うんです(笑)。この作品は、自分が悪いと思っていなかったり、ちっぽけなことでも大ごとに発展するかもしれない恐怖を描いています。自分のしたことによって傷つく人もいるかもしれない。そんなことを考えてもらえたらうれしいです」と自身の経験を反映させ、役づくりに挑む。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.