News ニュース

荒牧慶彦、染谷俊之、ワンエンらが舞台「FAKE MOTION-卓球の王将-」に出演!2020/05/12

 荒牧慶彦、染谷俊之、玉城裕規らが出演する舞台「FAKE MOTION -卓球の王将-」が7月に東京・神戸で上演されることが決定した。

 同作は、空前の卓球ブームで“卓球戦国時代”を迎えた20XX年の東京を舞台に、激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生たちの“壮絶な戦いと挑戦”や“熱い友情と絆”を描くスポーツ青春ストーリー。さまざまなメディアミックスプロジェクトの展開を予定している本作は、“シーズン1”としてドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」が、日本テレビほかで放送中(水曜深夜0:59)。佐野勇斗(M!LK)、古川毅(SUPER★DRAGON)、北村匠海(DISH//)らが出演し、「東」の高校生たちの熱い戦いが描かれたシーズン1に続く、シーズン2となる舞台では“卓球戦国時代”と化した大阪に場所を移し、「西」の高校生たちが激しいピンポンバトルを展開していく。

 そんな「西」の高校生たちを演じるのは、舞台、映画、テレビドラマなど多岐にわたって活躍している荒牧を筆頭に、染谷、玉城、廣瀬智紀、定本楓馬、田村升吾ら実力派キャストが勢ぞろいし、さらにONE N’ ONLYなど、恵比寿学園男子部(EBiDAN)のフレッシュなメンバーが脇を固める。

 そして、演出を「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」Rule the Stageで知られる植木豪が手がけ、マルチクリエーターのまふまふがプロデュースし、大きな反響を呼んだシーズン1のドラマ主題歌「FAKE MOTION」が、シーズン2では舞台キャストが歌唱する新たな「FAKE MOTION」として披露される。

 舞台「FAKE MOTION -卓球の王将-」は、東京公演が7月2~10日に品川プリンスホテル ステラボールで、神戸公演が7月17~26日にAiiA 2.5 Theater Kobeで開催。今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により、公演実施を含めて変更になる場合があり、チケット販売に関しては決定次第、公式サイト(https://www.fakemotion.jp/)で告知される。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.