News ニュース

「姉ちゃんの恋人」奈緒&髙橋海人からメッセージ!「生きる希望にしてもらえる内容になっています」2020/12/21

 有村架純主演のフジテレビ系連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)が12月22日に最終回を迎える。最終回を目前に控えに、主人公の安達桃子(有村)の親友で桃子の弟・和輝(髙橋海人)の彼女・浜野みゆきを演じる奈緒と髙橋がメッセージを寄せた。

 最終回は、笑顔で安達家の門をくぐる桃子と吉岡真人(林遣都)を、和輝、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)、みゆきが温かく迎えるところから始まる。クリスマスの飾りに彩られた部屋で、家族の温もりと幸せな空気に包まれた真人は胸を熱くする。世帯主として桃子による乾杯のあいさつで始まったパーティーでは、安達家の恒例行事として、全員が1人ずつ「あること」を発表することに。一方、高田悟志(藤木直人)の秘密を偶然知ってしまった市川日南子(小池栄子)は、大きなショックを受けていた。そんな中、ホームセンターではクリスマスイブの閉店後、社員や家族、友人たちを招き、簡単なクリスマスパーティーを開くことが従業員たちに知らされる。

 ここまで桃子の親友であり、桃子が愛する弟・和輝の恋人、そして家族や仕事に悩みを抱える立場のみゆきを演じてきた奈緒は、最終回について「本当に笑顔と幸せがあふれる最終話です。いつかまた困難や壁に出合っても、『こういう瞬間にまた出合えたら』と生きる希望にしてもらえる内容になっています。桃子や周りの人々が心から安らいだ笑顔になれている瞬間をご覧いただければと思います」とコメント。

 そして、みゆきに胸キュンなアプローチをかける一方で、 “姉ちゃんの恋人”となった真人に対して思いを真っすぐぶつける強さも見せた和輝を演じてきた髙橋。ナレーションでも作品に彩りを加えてきた彼も、「姉ちゃんに恋人ができてから、より一層、安達家4人の深い絆が見えてきました。最終話も幸せな気持ちになりますし、心が洗われるような結末になっています。安達家の未来も想像していただきながら、目をそらさずご覧ください!」と見どころを語った。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.