News ニュース

SEKAI NO OWARIが「恋あた」の撮影現場を訪問。森七菜&中村倫也との対面に大緊張2020/12/21

 TBS系連続ドラマ「この恋あたためますか」(火曜午後10:00)の12月23日放送・最終回を前に、主題歌を担当しているSEKAI NO OWARIが撮影現場を表敬訪問した。

 本作は、コンビニエンスストア「ココエブリィ」のアルバイト店員だった井上樹木(森七菜)と、会社から業界シェア最下位のコンビニチェーンの改革を託され、社長に就任した切れ者の浅羽拓実(中村倫也)が、「一番売れる」スイーツ開発をしながら、甘い恋を繰り広げる“スイーツ×ラブ”ストーリー。樹木に思いを寄せる新谷誠(仲野太賀)、拓実の元カノである北川里保(石橋静河)を交えた、仕事と恋の四角関係の行方が気になるところだ。

 SEKAI NO OWARIが訪れたのは、ドラマの舞台となっている「ココエブリィ」本社オフィスの撮影現場。森と中村に迎え入れられ、SEKAI NO OWARIの4人は興味深そうにセットを見学し、森と中村から撮影の裏話を聞きながらデスクに座ってみる一幕もあった。

 SEKAI NO OWARIは「『ココエブリィ』のオフィスがセットだと初めて知りました。分からないものですね。森さん、中村さんを前に緊張してしまいました。言葉が出てこなかったです。さんざんお二人のことを考えて曲作りをし、今までドラマも見てきたのに、『本物だ』としか(笑)。そわそわしてしまって、早く引き上げなければという思いでいっぱいでした。森さん、中村さんのお二人に温かく迎え入れていただいたのですが、ドラマの撮影現場という、完全アウェーな環境で非常に緊張しました。もっと直接言いたいことがたくさんあったのですが、言えなかったです…」と、2人を前に落ち着かなかったことを告白。

 その上で、「ただ、皆さんのことを思いながら作った曲が、今回このような形でドラマの世界観を一緒に形作ることができたのかなと思うと、うれしい気持ちでいっぱいです。最終回を楽しみにしております」と期待を伝えた。

 そして、ドラマの結末について「(DJ LOVEが)新谷推しなのですが、悲しい結末になってしまうのではないかというフラグをどんどん立ててしまう新谷がいとおしくて仕方ないです。(交際が)クリスマスまでって…。そんなこと言わないでって…。新谷が幸せになる結末を願っております」と語り、「そして毎話、絶妙なタイミングで主題歌の『silent』をかけていただいて本当に感謝しております」とお礼を述べた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.