News ニュース

福地桃子&田辺桃子が「霊媒探偵・城塚翡翠」第1話にゲスト出演。瀬戸康史の後輩役2022/10/05

 福地桃子と田辺桃子が、日本テレビ系で10月16日にスタートする連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」(日曜午後10:30)の第1話にゲスト出演することが分かった。

 本作は、“霊が視(み)える”能力を持つ主人公・城塚翡翠(清原果耶)が霊視の能力を使い、死者からヒントを頼りに難事件解決に奔走するミステリードラマ。翡翠とタッグを組んで殺人事件に挑む推理作家・香月史郎に瀬戸康史が扮(ふん)する。原作は、ミステリーランキングを総なめにした、相沢沙呼氏による累計50万部突破の大ヒット小説「medium 霊媒探偵城塚 翡翠」(講談社文庫)。数々のミステリー作品にまつわる賞を受賞した話題作だ。

 2人は香月の大学の後輩で、第1話の物語の鍵を握る人物を演じる。福地は、大手ブライダルプロデュース会社に勤める女性・小林舞衣役。そして田辺は、舞衣の親友であるデパートの受付・倉持結花役。「泣いている女が自分を見ている」という奇妙な夢に悩まされる結花が、翡翠のもとを訪れたところから、物語は予想外の方向に進み始める。

 福地は「このドラマはミステリーものなので緊張感のあるシーンもあったのですが、何よりも物語を楽しみながら撮影をしてほしいとプロデューサーの方から言っていただいたので、終始楽しく撮影に参加させてもらいました。今回は眼鏡をしている役ということで、普段とは違った感覚でとても新鮮な気持ちでした。衣装合わせの時には原作にもあるようにキャラクターを表す大事なアイテムだと、スタッフの皆さんと話し合い、眼鏡を一つ一つ試して選んだ時間もすてきな思い出です。不思議な力を持つ清原さん演じる翡翠ちゃんのたたずまいや、キャストの皆さんのチームワークがとても魅力いっぱいの撮影現場でした」と報告し、「果耶ちゃんとの共演は2度目になります。久しぶりの再会もとてもうれしかったです。初回から今後の展開が気になる仕掛けがたくさん散りばめられているドラマになっています。ぜひお楽しみください!」とメッセージを寄せている。

 田辺は役作りについて、「倉持結花というキャラクターを演じさせていただく上で、彼女のもともと持っている人懐っこさと悪意のないあざとかわいさをどう表現するかが、難しくもあり面白い部分でもありました」と語り、「短い時間でありながら清原果耶ちゃんはじめキャスト・スタッフの皆さんに温かく迎えていただきとてもありがたかったです」と撮影を振り返る。そして、「香月さんや舞衣との時間、翡翠との出会いで彼女の人生がどう変化していくかを楽しんでもらえたらなと思います」と呼び掛けた。

 第1話では、翡翠が「泣いている女が自分を見ている」という奇妙な夢に悩まされる女性・結花の依頼を受け、その身に危険が迫っていることを予言する。後日、結花の先輩で推理作家・香月と共に結花の自宅を調べに訪れた翡翠は、頭から血を流して死んでいる結花を発見する。

 結花を救えなかったことに責任を感じる翡翠は、これまで鐘場警部(及川光博)と共に数々の事件を解決してきたという香月に、自分の力を使って真犯人を突き止めてほしいと頼む。結花が見た“泣いている女の夢”はどのように事件と関わるのか? “犯人が視える”翡翠と推理力を持つ香月が協力して真相に迫る。そんな中、翡翠は、アシスタントの千和崎真(小芝風花)の制止を振り切り、危険な“降霊”に挑む。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.