News ニュース

及川光博が「霊媒探偵・城塚翡翠」で“ちょい悪デカ”に2022/09/14

 及川光博が、日本テレビ系で10月16日にスタートする連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」(日曜午後10:30)に出演することが分かった。

 本作は、“霊が視(み)える”能力を持つ主人公・城塚翡翠(清原果耶)が霊視の能力を使い、死者からヒントを頼りに難事件解決に奔走するミステリードラマ。翡翠とタッグを組んで殺人事件に挑む推理作家・香月史郎に瀬戸康史が扮(ふん)する。原作は、ミステリーランキングを総なめにした、相沢沙呼氏による累計50万部突破の大ヒット小説「medium 霊媒探偵城塚 翡翠」(講談社文庫)。数々のミステリー作品にまつわる賞を受賞した話題作だ。

 及川が演じるのは、警視庁捜査一課の警部・鐘場正和。世間を震撼(しんかん)させる、女性刺創連続殺人事件を担当。現場たたき上げの刑事で、ぶっきらぼうな口調だが、情には厚い。いつもタブレット菓子をかんでいる。香月の推理力を頼って捜査協力の依頼をする役どころだ。

 「原作は、うそいつわりなく夢中で読みました。本当に面白かったです。ですから、皆さまには原作もぜひ読んでいただきたいという気持ちでいっぱいなのですが、ネット上でのネタバレはくれぐれも気を付けてほしいです(笑)」と原作の魅力に触れ、自身が演じる役柄を「鐘場正和は、情熱を内に秘めた、あらゆる事件に真摯(しんし)に向き合っている男だと思います。ちなみにキャッチフレーズは“ちょい悪デカ″です(笑)」と紹介。

 共演者については「主演の清原果耶ちゃんの印象は一言で言うと『透明感』。お写真をリビングに飾って毎朝拝みたいくらいですね。小芝風花ちゃんは『爽快感』。同じ場所にいると気持ちが明るくなる。爽やかな柑橘系の風が吹いているイメージです。瀬戸康史くんは『信頼感』。若くして、着実に実績を積んでいるなと思います。共演するのは今回が初めてですが、すでに頼もしさを感じています」とそれぞれの印象を語る。

 そして、「今作は、ミステリーでありながら心霊現象も絡んでくるということで、お好み焼きで言ったら“ミックスお好み焼き″。豚玉もシーフードもどっちも入っている、そのおいしさを、皆さまに存分に味わっていただきたいと思います!」と張り切っている。

 番組を手掛ける古林茉莉プロデューサーは、及川の起用にあたり、「このたび、クールでセクシーでスマートなあの(!)及川光博さんに、ぶっきらぼうで無骨な刑事の役をオファーさせていただきました。鐘場警部は、不器用ですが情熱を内に秘めた、どこか気持ちが読めない部分のあるキャラクターです。撮影に入るにあたっては、ご本人とも相談しながら、シャツのボタンを少し開け、色の入ったメガネが印象的な、渋さとあやしさのある刑事像を組み立てていきました。真面目で粗野、優秀だけど不器用、これらを同時に表現してほしいという、われわれのむちゃなオーダーに対し、見事な形で応えていただいております。ユーモアを交えながらも常に真摯に作品や役柄と向き合ってくださる及川さん、その優しさと気遣いに番組スタッフたちは既にメロメロです。ドラマの中では、タブレット菓子をかみ砕く、今までに見たことないワイルドな姿でご登場いただく予定ですので、ぜひ細かい部分にもご注目いただけたらと思います。及川さんとともに作り上げる“ちょい悪デカ”鐘場が、翡翠や香月たちをどう動かしていくのか、ぜひご期待ください」とコメントしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.