News ニュース

福山雅治が清原果耶主演「霊媒探偵・城塚翡翠」の主題歌を担当2022/09/27

 福山雅治が、日本テレビ系で10月16日にスタートする連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」(日曜午後10:30)の主題歌を担当することが分かった(楽曲タイトル・発売日などは未定)。

 本作は、“霊が視(み)える”能力を持つ主人公・城塚翡翠(清原果耶)が霊視の能力を使い、死者からヒントを頼りに難事件解決に奔走するミステリードラマ。翡翠とタッグを組んで殺人事件に挑む推理作家・香月史郎に瀬戸康史が扮(ふん)する。原作は、ミステリーランキングを総なめにした、相沢沙呼氏による累計50万部突破の大ヒット小説「medium 霊媒探偵城塚 翡翠」(講談社文庫)。数々のミステリー作品にまつわる賞を受賞した話題作だ。

 主題歌を担当する福山は「オファーをいただいた際にプロデューサーさんから届いた今ドラマで描きたいものが『ものごとは決して一つの目線からは語れない。人は皆、潜在的に“自分の見たいもの”“そうであってほしいこと”のフィルターを通しながら世界を見ている』という人間の有りようでした。台本を読み込ませていただき、自分なりの解釈を練り上げながら楽曲の書き下ろしに励んでおります。スリリングかつ、物語の斬新な構造と、魅力的なキャラクター・城塚翡翠を演じる新世代の女優・清原果耶さん。今回ドラマ主題歌という形でチームに参加させていただくことを、とても楽しみにしております」とメッセージを寄せている。

 清原は「まさかこの作品の主題歌を福山雅治さんが歌ってくださるとは、夢にも思いませんでした。幼い頃から家族と聴いていたアーティストさんなので、今作でご一緒させていただけることがとてもうれしいです。どんな曲になるのか、完成を楽しみにスタッフ・キャストの皆さんと撮影を頑張りたいと思います!」と期待している。

 また、警視庁捜査一課の警部・鐘場正和(及川光博)と共に事件を捜査する、刑事・雨野天子役で田中道子の出演が決定。天野は、世間を震撼(しんかん)させる女性刺創連続殺人事件を担当。生真面目な性格で規律を重んじるタイプで、自分を捜査一課に引き抜いた鐘場には恩義を感じているが、香月や翡翠が捜査協力することに対しては懐疑的なキャラクターだ。

 田中は「天子は、人一倍仕事にプライドを持っているがゆえに、部外者にキレたり、傍若無人な態度を振る舞ったりするシーンが多く、共演者の皆さんにキツいセリフを言う時は心が痛いです…! 痛めながらもキレキレでいきたいと思います! 共演者の方々、スタッフさんがみんな明るくて、笑顔の絶えない現場です。1人でも多くの方に楽しんでいただけるよう精進してまいります!」と意気込みを語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.