News ニュース

山田涼介、納得の仕上がり!「親愛なる僕へ殺意をこめて」“二重人格”を表現した唯一無二のポスターが完成2022/09/22

 山田涼介が主演を務め、フジテレビ系で10月5日にスタートする連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(水曜午後10:00。初回は15分拡大)。このたび、山田をはじめ、川栄李奈、門脇麦、遠藤憲一ら豪華キャストが一堂に会したポスタービジュアルが解禁された。

 ドラマの原作は「ヤングマガジン」(2018年5月~19年8月/講談社)、WEBコミック配信サイト「コミックDAYS」(19年8月~20年9月/講談社)で連載され累計130万部を突破した、原作・井龍一氏、漫画・伊藤翔太氏による同名コミックだ。連続殺人犯を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)が、ある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。そこで驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる二重人格サスペンスが描かれる。

 今回、通常使用する用紙(紙)ではなく、特殊素材(レンチキュラー/ベローズプリント)で制作されたのポスターは、見る角度によって主人公のエイジを演じる山田の表情が変化する、特別な1枚となった。なお、この特殊素材を使ったポスターをすべての広告で全面展開するのは、ドラマ史上初の試みとなる。

 ビジュアルは、“二重人格”をテーマに、“人生楽しんだもん勝ち。楽しければそれでいい”と、毎日お気楽に過ごしている大学生としてのエイジの爽やかな笑顔と、もう1人の人格“B一(びーいち)”の恐ろしい表情の二面性を表現している。一足先に完成したポスターをチェックした山田も「いい仕上がりですね」と納得。このポスターは街中や駅構内、電車内などで合計1万2000枚以上展開される予定だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.